• TOP 
  • > たっちゃんの妻さん
  • > たっちゃんの肺がん闘病記

病気体験記 患者さん・ご家族の日々の日記を紹介します。 Account02

病気体験記のご利用にあたって

当サイトをご覧いただくには、ブラウザの JavaScript の設定を有効化した上で、最新の Adobe Flash Player がインストールされている必要あります。

ブラウザの JavaScript の設定が無効化されている場合には、各ブラウザの設定に従い有効化してください。

Adobe Flash Player がインストールされていない、もしくはバージョンが低い場合には、下記のリンクから最新バージョンをダウンロードしてください。

Get Adobe Flash Player

Flashをご利用頂けない環境の方は下記HTML表示のリンクをクリックしてください。

HTML表示はこちら(先頭のページからの表示になります。)
記事ごとのブックマークをご利用になりたい方は左リンクをクリックして下さい。

この本に対してのコメント

  • npo法人 融和連合鹿児島

    投稿日時:2009年03月31日 13時05分

    私は、余命1年未満のがん告知から既に28ヶ月の月日が過ぎ去ろうとしています。現在は月1検査のみです。著者の食欲に関して一言
    私も、食欲は、豪勢でした、入院期間は3食大盛りのご飯でした。良く看護師様に本当に病人と?からかわれましたが、食べることは、免疫促進に良く、お蔭様で宣告より遥かに長く元気に過ごせています。
    食事は、無理してでもたべましょう。元気の源ですよ。
  • Reina

    投稿日時:2009年03月18日 13時19分

    食い気だけさん、

    こんにちわ!LifePaletteへようこそ!!
    堅気ではなさそうな同室の方が発せられた一言、面白いですね。笑
    食い気は生きる意欲としてとっても大切なバロメーターですよね。食い気だけ さんも食欲を保ってどうか大事になさってください。
  • 食い気だけ

    投稿日時:2009年01月17日 16時25分

    寝耳に水だった癌告知!4人部屋のうるささ!たっちゃんの闘病記に思い当たることは多々あります。ただ愚禿?の場合は痛みや自覚症状がまったくないのが救いで、点滴治療のあとは文字通り食い気だけで生きています。同室の昭和12年生まれの末期患者に「おたがいいい加減生きてきたんだからもういいじゃないの!」と言ったら肩に彫物のあるその男、何を聞き間違えたのか「わしもいいかげんなことばっかりして来たからなあ」とピンとはずれの答えをくれました。若死にしたたっちゃん夫妻には申し訳ないほど罰当たりな感想ではありますが、ひたすら食い気だけを頼りに過ごしている今日この頃デス(NHK?)
3件中 13件目を表示

この本に対してのコメントを書く

ログインしてコメントを書く