• TOP 
  • > oopapaさん
  • > 神の手

病気体験記 患者さん・ご家族の日々の日記を紹介します。 Account02

病気体験記のご利用にあたって

当サイトをご覧いただくには、ブラウザの JavaScript の設定を有効化した上で、最新の Adobe Flash Player がインストールされている必要あります。

ブラウザの JavaScript の設定が無効化されている場合には、各ブラウザの設定に従い有効化してください。

Adobe Flash Player がインストールされていない、もしくはバージョンが低い場合には、下記のリンクから最新バージョンをダウンロードしてください。

Get Adobe Flash Player

Flashをご利用頂けない環境の方は下記HTML表示のリンクをクリックしてください。

HTML表示はこちら(先頭のページからの表示になります。)
記事ごとのブックマークをご利用になりたい方は左リンクをクリックして下さい。

この本に対してのコメント

  • p-con

    投稿日時:2012年03月29日 19時13分

    oopapaさん 初めまして。
    自分は血液ガンの一種、悪性リンパ腫の患者本人です。

    文章から辛さが伝わってきます。
    痛み、動きの制限などなど 大変ですね。
    辛さはご自身の物。他の人がより辛く感じても、今感じている辛さはご自身が一番辛い物です。
    良く耐えていらっしゃると思います。
    何も良いことが無いように思えても、良く見回すと何かが有ると思います。
    自分は家族。ペットの猫。趣味、つまらない様に見えても、気持ちを助けてくれる物。
    意外と沢山有る物です。
    楽しみもやはり同じでしょう。
    自分は心臓も不調で、治療開始後、終わりのない治療ですがそれに入れば、テニスでも何でも出来るようになるはず。
    そう言われましたが、とてもそうは行きませんでした。
    そのうちリンパ腫が発覚して、治療後は会社へ出るのも大変になり結局仕事を辞めざるを得なくなりました。
    でも、楽しみもあり、やり甲斐のあることを探して過ごしています。
    最近はほとんど猫と寝ころんでいることが多いですけれど。

    辛くなったら休めばよいですし、気分がよいときは何かできることはないか、面白い情報はないかなどと体を動かさなくとも、出来ることは結構あるのではないでしょうか。

    生きている間は、勿体ないから楽しめることを探して手を出してみるのも良いと思います。
    病気に潰されるだけなんて、つまらないじゃないですか。
    気持ち軽く前を向いて見てください。

    済みません、お気楽親父の戯れ言でした。
    踏ん張ってのんびり前に歩いていきましょう。
    失礼しました。
1件中 11件目を表示

この本に対してのコメントを書く

ログインしてコメントを書く