子宮がん

この病気に関連する病気体験記

_aya_pk
_amf
_htc_gr
_amh
 
次の病気体験記を取得

~編集部からのお知らせ~

【新着記事】
~初めての入院に備えて~持ちものチェックリスト

抗がん剤の副作用で脱毛したときのウィッグ・帽子について

監修:中川 恵一
東京大学医学部付属病院放射線科 准教授 緩和ケア診療部長

イントロダクション

子宮頸がんは30~40歳代の比較的若い方に多いがんです。20歳代でも珍しくありません。しかし、早期発見により亡くなる人は減ってきています。逆に、これまで日本人には少なかった子宮体がんが、最近急激に増えています。

子宮がんとは

子宮がんには、子宮の入り口(頸部)にできる子宮頸がんと子宮体部にできる子宮体がんがあります。子宮頸がんは子宮頸部の粘膜の細胞が、イボをつくるヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することでがんになります。子宮体がんは月経で剥がれ落ちる子宮内膜の細胞ががん化したものです。女性ホルモンが関わっていることがわかっています。 なお、子宮がんには、上記以外のがんもあります。

子宮のイラスト

症状

子宮頸がんは、初期にはほとんど症状がありません。進行してくると、不正出血や性交後の出血が起こりやすくなります。さらに進むとおりものに血やうみが混じったり、腰や下腹部の痛み、発熱などが起こります。そして周辺の臓器へ浸潤するとむくみや排便障害、排尿障害などがあらわれます。 一方、子宮体がんは、初期から不正出血が起こるのが特徴です。異常なおりものや下腹部の痛みなどでわかることもあります。しかし、全く無症状の場合もあります。

⇒次のページへ


【ライフパレットおすすめ記事】

がんの症状、治療の副作用への対処方法
┗ 痛み、食欲不振、脱毛など、がんの症状や治療による副作用の説明と対処方法について。
【患者会】NPO法人 女性特有のガンのサポートグループ オレンジティ
┗ 女性特有のがんの患者会『オレンジティ』代表の河村裕美さんのインタビュー記事。
【THE仕事人】小倉 恒子先生
┗ がん患者として、医師として、生き様そのものが、まさに‘THE仕事人’。
【ライフパレット『子宮がん』体験記ピックアップ】

今を大切に笑って生きる事。
┗ 全摘の葛藤、周囲への感謝など、子宮頚がんを通じて著者の成長が描かれた作品。
cheeez!ちぃの子宮がん体験記
┗ 子宮がんの告知から納得して治療を受けるまでの過程が詳しく書かれている体験記。
癌をガツンっと!
┗ 子宮がんの検診、治療の様子が明るいタッチで綴られ、検査情報も豊富な一冊。

1 2 3 4 次のページへ
Member_bn_1
  

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。