胃がん

この病気に関連する病気体験記

_fmd_gr
_nab_gr
_______
_ame
 
次の病気体験記を取得
前の病気体験記を取得

前のページの続き。

検査・診断

造影剤(バリウム)を飲んで行うX線検査、胃の中を直接診る内視鏡検査(胃カメラ)を行います。内視鏡検査ではさらに胃の組織をとります。これを顕微鏡で見て、がんかどうか、およびがんの種類がわかります。その後、がんが転移していないかを調べる検査(CT検査や超音波検査)を行います。

治療

内視鏡や手術でがんを切り取る治療が標準的です。がんの性質や進行度、患者さんの健康状態などによってどの治療方法を選択するか決めていきます。
ごく早期で、大きさが2センチ以下で転移がないなどの条件を満たしていれば、内視鏡での切除も可能です。お腹に傷をつけずに行いますので、入院も短期間で済み、副作用もあまりありません。
リンパ節への転移が見られたり、深く進行している場合は、外科手術で胃を切り取ります。胃の3分の2あるいは全部と、周辺のリンパ節を切除する定型手術を基本に、転移が少ない場合はできるだけ切除範囲を小さくする縮小手術や、逆に転移している周辺の臓器も切除する拡大手術が行われます。
最近は、これらの手術を腹腔鏡という特殊な器具を使って行う施設もあります。お腹を大きく切る開腹手術に比べて傷が小さいため、回復が早いなどのメリットがあります。

抗がん剤治療
手術ができないほど進行したがんや再発したがんに対しては、症状の緩和や延命の目的で抗がん剤治療が行われます。最近では、飲み薬と点滴の2種類の抗がん剤を併用すると治療効果が高まることがわかっています。
また、術後に再発を予防するために飲み薬の抗がん剤を使います。その他に、手術前にがんを小さくするなどの目的で抗がん剤を使う場合もあります。
⇒次のページへ

【掲示板】

★★患者さんの仕事とお金の問題について語る掲示板★★
┗ あなたの経験談や知識、想いなど、ご意見を募集しています。
【ライフパレットおすすめ記事】

がんの症状、治療の副作用への対処方法
┗ 痛み、食欲不振、脱毛など、がんの症状や治療による副作用の説明と対処方法について。
緩和ケア・ホスピス
┗ 緩和ケア・ホスピスの正しい基礎知識、体験談を掲載。
【患者会】胃を切った人 友の会 アルファ・クラブ 
┗ 胃切除体験者のための患者会 アルファ・クラブ の取材記事。
【闘病記・書籍】『胃がん』
┗ 蔵書数1万2千冊の闘病記専門古書店「パラメディカ」店主が選ぶ、おすすめ闘病記。
【ライフパレット『胃がん』体験記ピックアップ】

ふたりで書く胃がん日記
┗ 胃がんに罹った とらお さんと、彼女の こあらこ さんの掛け合いが絶妙な作品。
One for All,All for One
┗ 胃がんに罹って、改めて知った周りの支えの大切さについて綴られた一冊。
ホスピスで親を看取る
┗ 胃がん末期の父親のホスピス探しに奮闘するkunieさんの体験記。

前のページへ 1 2 3 4 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。