食道がん

この病気に関連する病気体験記

_htd_bl
_dsc02346
_amf
 
前の病気体験記を取得
前のページの続き。

検査・診断

食道造影検査と内視鏡検査でがんの大きさや形状などがわかります。わかりにくい場合は、ヨード液を塗って、小さいがんまで見つけることができます(がん細胞は着色しない)。内視鏡を使って採取した組織を顕微鏡で見て、最終的な診断をつけます。超音波検査やCT検査、PET検査でがんの拡がり方や、リンパ節や周辺臓器への転移の有無などをチェックします。

治療

現在、食道がん治療の第一選択は手術です。がんのある食道と回りのリンパ節や組織を切除し、食道の代わりとなる新しい食べ物の通り道を再建します。新しい食道には胃や腸が使われます。がんの発生場所によっては、頸、胸、腹と切り開く場合もあり、体力的にも負担の大きい手術です。また、頸部食道がんでは、のどを一緒に切除するので、声を失うこともあります。
早期で、がんが食道の粘膜の上の層だけにとどまっている場合は、内視鏡で粘膜のがんだけを切除する方法(内視鏡的粘膜切除術)も可能です。

化学放射線治療(ケモラジ)
食道がんでは、抗がん剤治療と放射線治療を併用する化学放射線治療が行われます。放射線単独、抗がん剤単独の治療よりも効果があり、手術と同程度の治療成績も報告されています。手術よりも体の負担が少なく、食道が残るので治療後の生活の質も良好です。そのため、手術ができる状態の方でも選択肢の一つとなってきています。また、手術と併せて行うこともあります。
⇒次のページへ


【掲示板】

患者さんの仕事とお金の問題について語る掲示板
┗ あなたの経験談や知識、想いなど、ご意見を募集しています。
【ライフパレットおすすめ記事】

がんの症状、治療の副作用への対処方法
┗ 痛み、食欲不振、脱毛など、がんの症状や治療による副作用の説明と対処方法について。
緩和ケア・ホスピス
┗ 緩和ケア・ホスピスの正しい基礎知識、体験談を掲載。
【ライフパレット『食道がん』体験記ピックアップ】

我が闘病記
┗ 食道がんの発症から治療の様子が、短いながら濃い内容でまとまっている作品。
食道癌闘病記
┗ 食道がんの手術直前までの葛藤、日常の幸せなど様々な思いが詳しくつづられた一冊。
食道癌と闘い、そして勝つ
┗ 食道がんの放射線治療の様子や、日々の気持ちが坦々と綴られている体験日記。

前のページへ 1 2 3 4 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。