paletteダイアリー

移転

転移ではなくて「移転」です。
年明けと同時に病院が移転し、今日は移転後初の診察日でした。

移転前は私鉄1本で行けたのに、移転後はJRに乗り換えて一駅先まで行かなきゃならない。
その分交通費はかかってしまうけど、これまでは駅から徒歩15~20分かかっていたのが
今度は駅のすぐそばなので、時間的にはあまり変わらない。
なのでこれまで通り通うつもりでいたのですが。。。

前回の診察時に「移転後は重症患者しか診ない方針なので、今後はかかりつけの内科医などで薬をもらえないか聞いておいて」なんて言われちゃって。
私「かかりつけの内科医」なんてないし、整形外科になら約5週に1回のペースで通ってるけど、整形外科で乳がんの薬もらうのもなぁ~なんて思って。

それにそこの整形外科、診察室での会話がほかの患者さんに筒抜けの構造。なので何となく話をするのは気が引けて、この前行ったんだけどとうとう聞かずじまいで帰って来てしまった。
もう手術から8年になるし、これまでの病院で今後薬を処方してもらえないなら、
ここで治療終了してもいいかな、と思った。
そもそも効いてるかどうかもわかんない、ノルバデックスは3割の人には効かないんだもんね。

とりあえず現在の病院で今後も薬を出してもらえないか聞いたところ、
1ヶ月分ずつなら出せるとのこと。(これまでは3ヶ月分ずつ出してもらっていた)
ふふん、そう来ると思ったから事前に調べておいたのだよ。

「平成28年度診療報酬改定 30日を超えて薬をもらえなくなったのか」(資料:YG研究会)

そこにはこう書かれていた。

医者が30日以上処方するためには、以下が確認されなければなりません。
・病状が安定しているか。
・患者が飲み忘れなく、薬の服薬管理ができるか。
・病状が悪化した際の、連絡先を教えているか。

つまり上記の3条件を満たしていれば3ヶ月分処方してもらうことが可能なはず。
ところが上記の条件をプリントアウトして行ってDr.に見せたところ、
「だったらほか行って」だって。くっそ~~

「せっかく調べてきてくれたのに申し訳ないけど」なんて皮肉たっぷりに言われてしまった。
思えば抗がん剤中止してもらう時も、自分でネットで調べた情報をプリントアウトして行って
突き付けた。 医者からしたらイヤな患者だろうな~

というわけで薬は1ヶ月分しか処方してもらえず、来月また行かなきゃならない。
毎月通うのはしんどいな~
交通費もこれまでより往復で270円ぐらい高くなっちゃったし、毎月行ったらその分診療代もかかるってことでしょ。
6月に術後8年目の検査があるので、それで異常なかったらもう治療やめようかと思ってる。

何となくこのタイミングで病院が移転してこんなことになったのは、
もしかしたら「もう治療をやめなさい」っていう合図なんじゃないかなんて、勝手に思ってます。

さて、病院の移転に伴い、ブログも移転することにしました。
もしも移転先を知りたいという方がいらっしゃいましたら、
お手数ですがライフパレットのメッセージ機能を使ってご連絡ください。
では、ごきげんよう。(^^)/~

2017年03月09日 14時40分

体験ワード :

コメント一覧

コメントを書く