paletteダイアリー

癌サバイバーの適正体重維持のために

______

癌サバイバーの適正体重維持のために

全目次1.http://cancer.g.hatena.ne.jp/hira333/20060101(2006.01.01~2008.11.30)

全目次2.http://cancer.g.hatena.ne.jp/hira333/20060102(2008.12.01~2010.12.14)

全目次3.http://cancer.g.hatena.ne.jp/hira333/20060103(2010.12.15~)

全目次4. http://cancer.g.hatena.ne.jp/hira333/20060104(2012.01.01~)

■けふを写真で読み解く 編集
豊葦原の瑞穂の国【大紀元日本5月15日】とよあしはらのみずほのくに。日本国の美称とされているこの呼び名は、豊かに実った稲穂がどこまでも続く原風景を、そのまま素直に表現したものなのだろう。それでいい。その名の通り、日本の美田でとれる米は文句なしにうまいのだ。食物に対する味覚は主観的判断によるものであるから、どの国のどの民族も、自分たちが口にしているものが世界一うまいと思っている。また、そう思うことが民族的自尊心であり、自国を支えうる精神的基盤ともなる。と言いながら、やはり日本の米についていささか自慢したいのは、日本人の身びいきというより、客観的な事象として、日本の米が海外でも歓迎されているからなのだ。ただし、ここで述べたいのは、日本の米の食味や安全性ではないし、あえて言えば食糧としての米でもない。日本の米のこころ、である。米は、第一義的には人間が生命を維持する主食である。しかし、その目的のためだけならば、事情に応じて小麦やジャガイモなど他の主食に代替してもよさそうなものだ。しかし、短期間ならともかく、おそらく日本人にはそれはできないだろう。他の主食への代替ばかりではない。断言しても許されると思うが、同じ米でも、日本人は国産米でなければだめなのである。http://www.epochtimes.jp/jp/2012/05/html/d14778.html

火曜日・小雨・午前6時室内気温22℃・室外15℃・室内湿度75%・血圧126-88・脈拍78・体重60.2kg・体脂肪24.9%・内臓脂肪レベル15・筋肉43.1kg・骨量2.4kg・基礎代1230kcal・体内年齢54歳・歩数計歩・日経平均・出来高億株・売買代金兆千億円・円相場$=円・1EUR=円・1元=円・1豪$=円・NY原油1b=$・NY金1to=$・放射線測定値(自宅庭)0.18μsv/h・(室内)0.12μsv/h・

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■けふを俳句で詠み解く 編集
■青嵐わが白髪を波立たせ hira333  05月15日 編集
「人間には、理性と感情がある。・・・人間、理性じゃ、動けないんだよ。感情で動く動物なんだ。最終的に愛のない言葉では、人は動けないんだよ」と彼は云った。

■青嵐身内に母を棲まはせて hira333   編集
「子どもは勝手に育ち、勝手に学ぶ力を持ってるから、その力を信じてあげればいいんだよ。私の母は小言を言わないで、お母さんはアンタたちを信じてるよが口グセでしたよ」と彼は云った。

■真向かへば覇気のみなぎる青嵐 hira333   編集
自分らしい生き方って何だろう…そんなこと考えてても、答えは出ないよ。今、自分がやってる仕事を嫌になるくらいやるのよ。そうすると、不思議なモンだけど楽しくなってくる。それが、答えなんだよ」と彼は云った。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■けふのにゅうす 編集

4電力で計画停電を準備 政府

有識者の首相起用も ギリシャ

ソニーとパナ 有機ELで交渉

ミクシィが身売り検討と報道

しずちゃん勝利 がむしゃらに

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■けふのことばな 編集
〈幸せになれる時に幸せになる〉──それこそが〈幸せになる〉ための秘訣です(クリストフ・アンドレ)

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■けふのおくやみ 編集
吉村達也氏 推理作家 2012年 5月14日 没 享年60

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■けふはなんのひ 編集
きょう、5月15日は「沖縄本土復帰記念日/沖縄復帰記念日」。1971年(昭和46年)6月17日に宇宙中継によって東京とワシントンで結ばれた「沖縄返還協定」、1972(昭和47)年5月15日午前0時をもって発効。沖縄の施政権がアメリカから日本に返還され、沖縄県が誕生。◇沖縄本土復帰記念日(おきなわくらぶ)http://www.cosmos.ne.jp/~ohmine-n/fukkikinen.htm

また、「ストッキングの日」。1940年(昭和15年)5月15日に、アメリカのデュポン社がナイロン・ストッキングを全米で発売。◇ナイロン(ウィキペディア)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3

また、「ヨーグルトの日」。ヨーグルトを研究したロシアのメチニコフ博士の誕生日。◇メチニコフ博士と「ヨーグルトの日」(明治乳業)http://www.meijibulgariayogurt.com/knowledge/002.html

また、「5.15事件記念日」。1932年(昭和7年)5月15日に、5.15事件。海軍の青年将校・古賀清志中尉らと陸軍士官学校の生徒らが首相官邸等を襲撃し、犬養毅首相が射殺された。◇五・一五事件(ウィキペディア)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E3%83%BB%E4%B8%80%E4%BA%94%E4%BA%8B%E4%BB%B6

あした、5月16日は「旅の日」。1689年旧暦3月27日(新暦5月16日)に、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立った。◇旅の日(日本旅のペンクラブ)http://tabipen.net/tabinohi.html◇奥の細道(芭蕉db)http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/okunohosomichi/okuno01.htm◇芭蕉庵ドットコムhttp://www.bashouan.com/

あさって、5月17日は「世界電気通信の日」。国際デーの一つ。1865年のこの日に、国際電気通信連合(ITU)の前身である万国電信連合が発足。◇世界電気通信日(5月17日)とは(日本ITU協会 )http://www.ituaj.jp/03_pl/tudoi/01_01_w_day.html◇国際電気通信連合(ITU)http://www.itu.int/net/home/index.aspx

また、「パック旅行の日」。1961年(昭和36年)5月17日に、イギリスで世界初のパック旅行が行われた。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■けふのてんもん 編集
☆☆☆ 金環日食まで、あと6日 ☆☆☆金環日食については、天文雑誌やホームページなどでも、たくさん書かれています。きょうからは、してはいけないこと、安全な見方について書いていきます。まず、何と言っても、太陽を直接見ないようにしてください。金環日食になると、太陽の大部分が隠されますが、リング状に漏れた光はとても強烈です。見続けると、日食網膜症などになり、最悪の場合は失明してしまいます。だから、安全な方法で、日食を観察してほしいのです。詳しくは、次号で・・・。

☆☆☆ やっぱり雨に・・・ ☆☆☆一昨日は、日暈と環水平アークが見られました。太陽に暈がかかると傘が必要になると、よく言われますが、そのことわざ通り、雨になりました。暈ができるときは、温暖前線が近づいているkぁらで、上空には巻層雲が現れます。巻層雲はやがて高層雲となり、さらに乱層雲になり、雨が降るのです。さて、きょうは晴れるでしょうか。また、蒸し暑くなってくるでしょうか・・・。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■子どもに贈る日本・核廃棄物満載の国土 編集
日本で最初の原発が動いたのは1963年だからもうすでに50年になろうとしています。その後、今日の54基になるまで原発は徐々にその数を増やしてきました。原発を動かせば、次の3つのことが起こります。

1) 原発が爆発して被曝する危険、2)電気を使えるメリット、3)核廃棄物がでる。

仮に安全な原発があれば、これは二つになり、「電気は増えるが、核廃棄物がでる」ということになります。電気が増えるのは良いことですが、それに伴う核廃棄物は困りものだと多くの人がおもっています。

アパートを経営しようという人がアパートを建てて入居人を募集したとします。「家賃は月6万円。但しトイレは使わないでください」(お金は欲しいが、汚いものの始末はイヤ)という募集では入居人はいないでしょう。そして「欲しいものだけ欲しい」というのはいかにも子どもです。

でも、先日、私は経団連の会長が「電気がいるから原発の再稼働をして欲しい」と言っているのを聞いて「子ども?!」と疑いました。すでに原発を運転し始めてから40年ほど経ったし、今度の福島の事故は原発を進める上で、安全を軽視し、廃棄物は知らないというような中途半端な管理体制が起こしたものでもあります。

すでに日本では120万本を超える使用済み核廃棄物があります。それが発電所に半分、その他のところにもほぼ「無防備な状態」で放置されています。「どうするの?」と大人に聞くと「核廃棄物は危ないから子どもに任せる。俺たちは電気だけ欲しい」といいます。それは政府、経団連だけではなく日本の大人のほぼ全員なのです。

・・・・・・・・・

原発を再開する人は、経団連も含め「電気の分だけ廃棄物を自分の町に引き取る」というのを条件にすること、これまでためてきた120万本を私たちの世代で処理すること、の2つを実施し、子どもたちに「核廃棄物がない日本」を引き継ぎたいと思います。今は「電気が欲しいから、核廃棄物は子どもたちに」という考えですが、私は同意できません。


以上、武田邦彦氏の文章でした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■癌サバイバーの適正体重維持のために 編集

米国では長期の癌サバイバーの数が増えるにつれ、太りすぎ、肥満の人も増えており、余分な体重が多くの癌サバイバーの生活の質や寿命に悪影響を及ぼすことが懸念されている。


乳癌、大腸癌、前立腺癌など一般的な癌を含むいくつかの癌で、肥満は再発や死亡リスクと関連づけられてきた。例えば4000人の乳癌サバイバーが登録した、最近のCalifornia Teachers試験の知見では、エストロゲン受容体陽性乳癌で治療を受けたサバイバーなどいくつかの部分集団において、試験登録時点で肥満であることが、乳癌による死亡リスクの著しい上昇に関連していた。


このデータが、肥満が癌サバイバーに有害な影響を与える可能性を強く示唆したため、サバイバーの体重管理を支援するための臨床試験が開始された。NCIの癌サバイバーオフィスのDr. Catherine Alfano氏によれば、同試験の目的は癌の再発や死亡リスクを減らすためだけではない。「癌サバイバーは、治療により日常的な活動に十分に参加する能力が制限されたり、生活の質を下げたりするような、数多くの慢性的な後遺症に直面することをわれわれは理解しています」とAlfano氏。癌サバイバーが適正体重を維持できるよう介入することは、糖尿病や心臓疾患のような肥満に関係する健康問題のリスクを下げる可能性もあると同氏は続けた。


危険な状態のサバイバー集団をターゲットに

これまでの試験で、ある種の癌サバイバーは、他の癌サバイバーより太りすぎ、肥満になる傾向が高いことがわかっている。小児急性リンパ性白血病のサバイバーも、その一つである。NCIが支援した、小児癌サバイバー試験(CCSS)の参加者を含めた大規模試験で、小児急性リンパ性白血病の成人サバイバーは、自らの兄弟、姉妹よりも、肥満になる傾向が著しく高かった。4歳未満で急性リンパ性白血病の診断を受けた女児は、兄弟、姉妹よりも肥満になる率が、4倍近く高かった。


急性リンパ性白血病の治療に使われるステロイド剤は、大幅な体重増加をもたらす。しかしながら、他の要因も体重増加や長期的な健康に影響を及ぼすと、この試験の主任研究員であるニューヨークのスローンケタリング記念がんセンターのDr. Kevin Oeffinger氏は話した。CCSS試験における急性リンパ性白血病サバイバーの肥満率は、とりわけ脳に高線量放射線治療を受けたサバイバーで高かったと説明した。


放射線治療は「患者の筋力や筋肉の発達に影響する多くの経路に作用する」と、Oeffinger氏は語った。急性リンパ性白血病の診断を受けた小児のおおよそ80%は治癒するものの、治療によるこうした長期的影響は、サバイバーの活動能力を大きく制限することがあると、同氏は話した。

急性リンパ性白血病の治療は、心筋症(心臓の筋肉の疾患)など、長期にわたり心臓に影響を与える場合もあり、また「肥満が心臓疾患リスクを高めることもわかっています」と、Oeffinger氏は続けた。肥満が治療関連の心疾患リスクを高めるのかどうか、またどの程度の影響を与えるのかについては、今後の研究で詳しく調べる必要があると同氏は話した。


肥満率は子宮内膜癌サバイバーにおいて特に高く、研究者らが予想した通り過剰な体重は健康に実害を与えていた。太りすぎおよび肥満の子宮内膜癌サバイバーを対象とした小規模試験では、43%が高血圧症、33%がメタボリックシンドローム、21%が2型糖尿病であった。試験参加者で多少なりとも運動をしていると答えたのは半数以下であった。


減量を目指した臨床試験

現在、太りすぎ、肥満の癌サバイバーの減量支援に向けた多数の臨床試験が実施されている。ほとんどの臨床試験は乳癌と白血病サバイバーが対象になっているが、NCIが支援する小規模試験では子宮内膜癌サバイバーも登録している。


カリフォルニア大学サンディエゴ校のムーアズがんセンターの研究者らは、NCIが資金提供する小規模臨床試験に、太りすぎと肥満の小児急性リンパ性白血病サバイバーを登録している。この試験は参加者の体格指数(BMI)を減らすことを目指していると、共同試験責任医師のDr. Jeannie Huang氏は説明した。この試験での減量介入は、インターネットやテキスト・メッセージ・ツールを中心としたもので、若年癌サバイバーのニーズに合わせて作られており、その過程には家族も参加する。


急性リンパ性白血病サバイバーの体重増加問題および効果的な介入に関する啓蒙活動の必要性は明らかだと、Huang氏は思っている。「命にかかわる疾患を持った子供や十代の若者を相手にし、恐怖を生き抜いたところから、体重増加といったより『マイナー』に思える健康問題に移るのです」と、同氏は話す。「家族は息子や娘が生きて、元気にしているだけで幸せに思い、体重増加が他の健康問題や二次癌のリスクを高めるとは認識しません」。


ムーアズ試験に参加するAna Otanezさんと家族は、適正体重を維持する必要性を十分に認識している。10年前、6歳の時に急性リンパ性白血病の診断を受けたOtanezさんは、「思い出せる限り昔から」栄養士の指導を受けているという。診療所で受診した際にこの臨床試験のことを知り、家族とともにやってみる価値があると判断した。


Otanezさんの電話には、毎朝、運動と減量に関する助言がテキスト・メッセージで送られてくる。「たとえば『早食いしない』とか、『ジャンクフードは避ける』といったことですね」とOtanezさん。また臨床試験参加者用のウェブサイトで、健康的な食事の調理法を入手することができる。そうしたメニューが、家族の食卓に加わることも多い。


「本当に家族を巻き込んで行うものです」と、Otanezさんは言う。「私の家族は本当に私に協力し、支援してくれています」。目標は4カ月の介入臨床試験期間中に、少なくとも10ポンド(4.5 kg)減量することだとOtanezさんは話した。


的を絞った介入

NCIが資金提供した同種の臨床試験はジョージタウンLombardi 総合がんセンターでも実施されており、太りすぎおよび肥満で、乳癌サバイバーの黒人女性を登録している(この試験に関する詳細は、本ページのビデオ参照)。乳癌の黒人女性は白人女性と比べて、乳癌で死亡する確率が高く、より侵襲性の高いタイプの乳癌であることが多い。


「さらに黒人女性は、白人女性よりも肥満でより多くの並存疾患を有する率も高い」と、Dr. Vanessa Sheppard氏は話す。同氏は、Dr. Lucile Adams-Campbell氏とともに、この臨床試験の責任者を務めている。


3カ月にわたり、この試験の女性参加者は栄養カウンセリングを受け、トレーナーを定期訪問し、サポートグループに参加する。また毎週、コーチ(乳癌サバイバー仲間)から、進捗確認や励まし、助言などを電話で受ける。急性リンパ性白血病サバイバーの臨床試験と同様に、ジョージタウン試験も、BMIを下げ、食事や運動習慣を変えて、生活の質を向上させることを目指している。


体重管理支援が、こうした女性達の満たされていないニーズであることは明らかだと、Sheppard氏は強調した。この臨床試験に登録する前に、「栄養士に紹介されたことがある、あるいは癌専門医から運動に関する紹介を受けた」という人はたった一人であったと、同氏は続けた。「ですからこうした介入で、サバイバーは本当に恩恵を受けるのです」。

一次診療における肥満患者の減量支援

米国国立衛生研究所(NIH)が資金提供した2つの臨床試験結果によれば、かかりつけ医が管理するサポートおよびカウンセリング・プログラムで、肥満患者は2年間で平均10~11ポンド(4.5~5 kg)減量したことがわかった。今週、New England Journal of Medicine誌の電子版で発表された。この試験は2つとも、国立心肺血液研究所が資金提供する診療所での減量促進機会(Practice-Based Opportunity for Promotion of Weight Reduction)臨床試験の一部。コンソーシアム・メンバーは肥満患者の減量に焦点をあて、一次診療の環境で介入する臨床試験を実施した。


ジョンズホプキンス大学の提携診療所および、ペンシルベニア大学の提携診療所で実施されたそれぞれの臨床試験において、少なくとも一つの心血管系リスク因子を持つ約400人の肥満患者を、さまざまなレベルの減量サポート群と通常のケア群に無作為に割り付けた。両方の試験で、24カ月にわたりカウンセリング支援(個人面談、電話、または両方)を受けた参加者は顕著な減量を達成し、最低限のサポートあるいは通常ケアを受けた患者よりも、当初体重の少なくとも5%を減らす確率が高かった。

減量に向けて大きなエネルギーを注ぐカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者は、癌サバイバーの減量に関して、過去最大規模の臨床試験を実施している。ENERGYと呼ばれるこの試験は、NCIからの交付金540万ドルを財源に、4年にわたり複数の場所で実施される。最終的には太りすぎ、肥満の乳癌サバイバー800人を登録する予定。同様の登録対象者の小規模試験とは違い、ENERGY試験では介入期間が2年に及ぶ。参加者は無作為で集中ケア群か通常ケア群に割り付けられる。この試験では、介入法として、参加者は少なくとも1日1時間は中程度から活発な運動を行えるようにすべく、減量に向けて積極的な長期の取り組みを実施する。参加者は登録後、最初の4カ月間は、毎週、グループ・カウンセリングに参加する。グループ会合は、認識行動療法の重要な部分だと試験の責任医師Dr. Cheryl Rock氏は話した。多くの女性は、減量を試みては失敗しているが、この療法は体重を落とし、適正体重を維持するために必要な行動と考え方のパターンに関するさまざまな側面について参加者に教えるのに役立つと、Rock氏は説明した。


「減量を試みている人や、癌サバイバーにとって、社会的支援は非常に重要です」と、Rock氏は続けた。「サバイバー同士は、再発に対する恐れを含め、闘病を通して多くの経験を共有しているので、そうしたサポートが重要なのです」。通常ケア群の参加者は、個人カウンセリングと教育サポート、減量に関する助言を受ける。


この試験の初期の目的は、参加者が減量を達成、維持し、生活の質を向上させることである。しかしながら、最終的には約2500人の女性を登録する規模にまで拡大し、長期間追跡して、こうした介入が乳癌再発に影響を与えるかどうかを測定したいとRock氏は強調した。「しかし、もし癌サバイバーの生活の質向上だけを示唆する結果だったとしても、それも非常に重要なことなのです」。http://www.cancerit.jp/13032.html

以上、 片瀬ケイ訳 後藤悌(呼吸器内科/東京大学大学院医学系研究科) 監修でした。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■過去30年で420万人の共産党員が汚職にまみれ 編集
汚職がばれて死刑になった高官は何人もいる。なかでも全人代副委員長の成克杢、江西省副省長だった胡長青、安徽省副省長の王杯忠、国家医薬監督局張だった鄭篠黄らの死刑実行が大きく報道され、見せしめとされた。それでも腐敗はやまないばかりか、経済発展のスピードに平行して規模、金額も倍々ゲーム。とどのつまり薄煕来ファミリーの利権ネットワークが象徴したように、軽々と1000億円が海外へ持ち出されていた。公式的な数字でも合計1000億ドルが海外へ持ち出されていたと言うが、実態は一万の高級官僚が海外逃亡、きえた外貨は4000億ドル内外だろう。 中国の「予防腐敗局」の数字によれば(5月14日付け)、共産党員でおよそ420万人が汚職容疑で捜査対象となり、そのなかで腐敗高級官僚は465人に達していた。この「予防腐敗局」って、パソコンに打ち込むと最初にでるのは「呼ぼう、腐敗」である。なんだかアイロニカルだ。2003年から2011年9月までの腐敗官僚の司法部への送検は4万2000名に達しており、このカテゴリーには上海前書記の陳良宇が含まれる。 こういう国が「革新的利益」とか、「世界ウィグル会議はテロリスト」とか叫ぶのはとてつもかく不均衡、ちぐはぐである。(宮崎正弘)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■貧しき者と富める者が増える社会 編集

USA TODAY紙は、アメリカ人家族で預金がない比率が増えたと一面で報じています。2011年(2009年)

預金なし 23.4%(18.5%)

ところが増えている層もあります。

預金額 $50,000以上 14.6% (11.8%)

即ち、貧しき者と富める者が増えているのですが、預金をなくすものが増える一方、$50,000以上の預金に到達するものも増えているのです。しっかり管理をして金融資産を構築する者が増える反面、一攫千金を狙って全てを失うものも増えていると言えるのです。これは日本でも同じであり、株式信用取引やFX取引、商品先物取引で一攫千金を狙って反対に損をする個人が多くいますが、相手はプロがいる市場であり、よほどしっかりした知識を持ちませんと勝てる市場ではないのです。今週金融市場は大荒れになりますから、稀少金貨等を売却する個人も増えるでしょうが、反対にその売りを待っている方もいます。富(お金)を失うのは簡単ですが、コツコツお金を積み上げのはそれは大変です。金融崩壊第2章が始まっており、ものすごい荒れた相場となりますので、一般個人は金融取引から撤退するべきだと言えます。さもなければ、全てを失うことになります。nevada_report

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■急落し始めたヨーロッパ株とユーロ 編集

ヨーロッパ株が急落してきています。

ロンドン(FT) -2.1%

ドイツ(DAX) -2.1%

フランス(CAC) -2.4%

そろって2%を超える急落を見せているのです。そして、金も銀も、原油も1%を超える下落を見せており、ユーロも対円では102.65円まで下落しています。 対ドルでは、1.2861となっており、じわりじわりユーロが売られています。ユーロ・円は102円台半ばですが100円台を維持できるはずもなく、ドル・円も為替介入点である78円をトライすることになります。ここで日銀が介入するかどうか。国際金融専門家の見方は分かれていますが、共通の意見は「為替介入しても一日ももたなく、餌食になるだけ」というものです。中国の胡錦濤国家主席が野田総理との会談を拒否しましたが、これをきっかけに「中国通貨マフィア」をして円高仕掛けをしてくるのかどうか。トヨタでは一ドル80円が採算ラインとしており、一ドル65円台にまで円高が進むと一貫して述べておりますが、ここまで円高を仕掛ければ、日本の輸出産業は壊滅します。また、この円高を使って外資は一斉に日本から逃げていきます。日経平均 9,000円で一ドル80円であれば、ドル建て日経平均は$112.50となります。 日経平均 8,000円で一ドル70円であれば、ドル建て日経平均は$114.28となります。今後、日経平均が1000円下落しましても、円高が10円進むだけで外人からすれば儲かるのです。今や外人投資家は日本市場の70%以上を占めると言われており、彼らは円表示の日経平均などほとんど気にしません。今後、円高を進めていけば、日経平均が1000円下がり日本人投資家が嘆きましても、外人は「ウハウハ」となるのです。中国通貨マフィアはそれは洗練された投機集団と言われており、今回の会談拒否でどうでるのか。注意しておくべきだと言えます。nevada_report

2012年05月15日 15時35分

体験ワード :

コメント一覧

コメントを書く