paletteダイアリー

11ヶ月目の外来でした

移植後11ヶ月目の外来でした。



AST/ALTは27/28と、正常範囲内。

ALP/γGTPは487/221と高いままでした。

ビリルビンは、前回1.5で正常範囲となり、輝く白い眼になろうとしていましたが、今回2.4と再上昇。残念!

腫瘍マーカーであるAFP/PIVKA-Ⅱは3.8/23と正常範囲。

免疫抑制剤のタクロリムスの血中濃度は2.9と非常に低い値となって今しました。



以上の結果より、プログラフは0.5mgを朝夕で1mg/日、セルセプトは500mgを朝夕で1000mg/dayのまま継続となりました。

血中濃度は低いのですが、肝機能が落ち着いているので良いでしょうと。

しかし、抗体価が下がっているので、ヘブスブリンは2A投与となりました。

ヘブスブリンの投与で外来費用は3万円・薬剤費も3万円で6万円の出費。

まだ、高価です・・・・



来月1年目の受診で造影CTもあわせて行なうこととなりました。

2009年08月04日 20時02分

体験ワード : 11ヶ月目の外来 

コメント一覧

  • Keitai

    AKIRA

    2009年08月06日 16時36分

    診察,お疲れ様でした。

    落ち着いた状態こそ何よりです。
    このまま順調に回復していきますように。
    応援しています。(^O^)
  • ___

    p-con

    2009年08月07日 00時51分

    使う薬は高いですね。入院しているとお互いに補佐し合う制度があるようで、多少は安くなります。
    外来治療では結構懐に響きますね。
    治療が奏功していきますように。
    病気の体験記、少しずつ読ませていただいています。
    ダイアリーも賑やかになります。又書き込まれてください。
    これからも宜しくお願いします。
    ちなみに自分はリンパ腫です。
  • No_image_user_thumb

    ひさ

    2009年08月07日 20時11分

    AKIRAさん、p-conさん、はじめまして。

    ほかのブログサイトからの転載ですので、途中からのダイアリーとなります。

    初めてですので、よろしくお願いいたします。
3件中13件目を表示

コメントを書く