paletteダイアリー

29.2.8(水)3回目

今日は父の85歳の誕生日。
朝から治療に入ってしまうので前日に養命酒を届けてきました。
不安そうに私を見る両親、色々話したいけど「また来るね~」とサッサと退散。
早く「もう終わったんだよ、心配かけました!ご飯行こう」って言いたいな。

血液検査の結果、今回も白血球数はギリギリ。
「今日は治療やりましょう、しかしこれからは2投(薬)2休(薬)で進めましょう」と言われました。あぁ…当初の5月から7月へとどんどん延びて…。
先生に「最初は2投1休で6ヶ月間、8回頑張りましょうと言われましたが、5月までだったらこのペースだと6回目の治療で終わる事になりますが、7月まで8回受けなくてはいけないのでしょうか?」と聞いてみました。先生は「継続が大事なんだよ、8回やろうね」と。

副作用を思うと弱気モードにスイッチオン。
もう始めてしまったからには、ほんの少し再発率が下がる、かもしれない可能性の為に続けなくてはいけないのかしら、と考え始めてしまいます。
でも動けない自分に腹を立てているのは私だけで、家族や周りの人達は何も変わりなく接してくれている。ので、副作用も落ち着いてくるとスイッチはいつの間にか通常モードに切り替わってて、復活した~!って頃にまた治療日がやって来る。

元気だと点滴なんて大丈夫、でも打つと突然しんどくなるから(もうやめるって先生に言う~)ってなってしまって。その繰り返しなんだから、ちゃんと副作用に負けない何かを学習しなさい、自分!って思います。(笑)

今回は治療の後、私の住む地域でも雪が降り気温がぐっと下がりました。
外出時、マスクごしに冷たい空気を吸ったら喉がピリピリ、鼻の奥がツーン…涙がじわっと出るとき目の全体に痛みがきて驚きました。
それからはマスクの上にマフラーをぐるりぐるりと。
腕の痺れと痛み対策には、アームウォーマーを購入しました。いい感じです。

今日で内服薬が終わって一週間。
今までなら点滴を受けている日なのですがもう一週間お休み。
明後日が娘の卒業式で、治療してたら体育館の寒さに耐えれたかどうか…

ゆっくりになった事で良かったことや時もあるんだと、焦らないでいきたいと、思います。

2017年03月01日 22時27分

体験ワード : 抗がん剤治療3 

コメント一覧

コメントを書く