paletteダイアリー

ガン患者は切り捨てられます!

ライフパレットに参加し、はじめてのダイアリー。

普段は、自分のブログで色々な事書いているので、こちらは気ままな日記として書きます。

病状などは、体験記の方に細かく書いたので、重複させません。

一昨日付けの、日本経済新聞電子版によると、新薬の保険適用については、費用対効果で絞ってゆく方針を政府が固めたとのこと。

まずやり玉に挙がるのは、高額な抗がん剤・生活習慣病薬・ペースメーカーなどから始めるらしい。
増加し続ける医療費に対応するため、高くて効果の低い薬を自費として軽減を図り、所謂TPPで求められる混合診療で一部を対応させる方針。

私の服用している、肝臓癌唯一の抗がん剤(ネクサバール)は年間600万円の保険支出。必ずや保険を外されるだろう。

患者の中には公務員の方もいるだろうが、あえて書きますが、役所というのはご都合主義の巣窟で、初めに結果ありきで、後からプロセスを合わせる組織体です。

効果絶大の抗がん剤があれば、お目にかかりたいものですが、医療体系の色々な問題点には手をつけず、支出削減で帳尻を合わせてくるでしょう。

際だった効果は見られないが、少なくとも自分の生活を維持してゆきたいがための薬であっても面倒は見ないと言うことなのです。

2016年度から切り捨ては始まります。今闘病している方は、資産家以外生きている価値はないと言うことです。 なんだか空しくなってきました。

2014年02月04日 10時14分

体験ワード : がんと戦えない 

コメント一覧

  • ___

    p-con

    2014年02月18日 19時38分

    へたっておりまして、気が付くのが遅くなってしまいました。

    頭は薬の影響でぼけていますので、軽く流していただけると有り難いなぁ。

    で、takapon77さんは 悪い方へ見ちゃうんですか?
    薬も、使用率の高いと予想される薬が一番に削られる事って無いでしょう。
    自分が使って貰っている抗ガン剤は、使用者数が他のガン患者さんの数から見ると、かなり少数派
    そうなると、一番効果が出てくる薬が削られることになっちゃいます。
    血液ガンは開発が進んでいるので、それらを否定されると、今までの治療で高い効果の得られなかった方々の希望を削ることになりますから、いくら何でも非人道的なことは許されないと思いますよ。

    お役所から、かなり横やりを入れられた経験がおありなのでしょうか。
    僕の会社も横やりやら縦槍やら突きつけられて、潰れてしまいました。
    理不尽なのは昔から。
    でも、医療関係でそれをやると、メディアが食いつきますからね。
    難病の認定に前向きでなかったどこぞやの課長さんの言い分が、少数の人のために大金をはたいて薬を開発できない、とか、認定するだけでも人手がいる、とかで認定も出来ないと仰っていました。
    だいぶ前の話ですけどね。
    患者会もだいぶ積極的に活動する、出来るようになってきている今、それをやるとかなり叩き返されることを覚悟しないと。

    だから空しいと思わないで、皆で盛り上げて行ければ それらの事柄は避けられると確信して下さいませ。
    新薬が間に合わなくて、死にかかった 一患者でした。

    今後とも宜しくお願いします。
1件中11件目を表示

コメントを書く