paletteダイアリー

眠い眠い・・・

12

26日に退院して、自宅療養が始まった。
自宅療養の方が合っていたのか、よく寝ている。
食事の時だけ起きてきて、食べるとすぐに寝てしまう。
入院中は寝られないと、睡眠薬まで飲んでいたのに、
今は実によく寝ている。

寝るのは良いのだが、食事を作るタイミングがつかめない。
いつでも野菜と果物のジュースだけは作れるようにしているが、
肝心な主食を作るタイミングがつかめない。
作り置きの総菜では味が濃すぎるし、塩分が多い。

まだ味が良く分からないというので、薄味にしているが、
作るには時間もかかってしまう。


眠い眠いは、もしかして脳転移の影響?
とは思えない。
入院中は寝られないと言っていたのだから。
食事療法も、カアさんが協力してくれないと面倒になる。
2時になっても、まだ起きてこない。
ワガママは面倒なり。

2012年10月29日 14時08分

体験ワード : 食事療法 

コメント一覧

  • ___

    p-con

    2012年10月29日 23時38分

    ダラダレさん こんばんは。
    病院は独特の緊張感のある場所です。なかなか気分良くとは行かないです。
    その影響もあるでしょう。
    四六時中人の足音、アラート音、点滴終了音があちらこちらから聞こえてきますからね。
    こに慣れて、眠れるようになる物ですが、そこまで居着きたくは無いですし。
    ゆっくりと見守ってあげてください。

    食事も、自分は昨年暮れから治療中も殆どまともに摂れなかったです。
    そんな時、自分の食べたいものだけ用意して貰って、鎮痛剤が効いてきたか、体調が一時期落ち着いた時を狙って、食べられるだけ口にしていました。
    それでも何とか維持していましたよ。
    何を食べたいかお聞きして、加工済みで用意できる物はそれを口にして貰い、調理する物は冷凍して、食べたいときに解凍して口にして貰う。
    そんな工夫が、一日を楽に過ごせるのではないかと思います。
    奥様にも協力していただかないと行けませんけどね。
    お願いしてみては?
  • Cat010

    arata

    2012年10月30日 09時26分

    ぅわあー、とーってもおいしそうです!!!
    これ、ダラダレさんが作られたんですか?私より上手っ(笑)。
    味付けも、バランスも気を配った食事をつくってくれる夫なんて
    なかなかいませんよ。奥様がうらやましいなあ…。

    正直、これだけのものを毎日作るの、大変ですよね。
    でも、ときには気を抜いて、ついでに手をぬいて、で
    いいと思います。野菜のジュースは作ってさしあげて、
    あとはお惣菜でも、インスタントでも、カップ麺でも、
    どんどん利用しちゃってください。そういうものが患者には
    嬉しいときもありますし、逆に「今日は食欲ないから」と
    食べなくっても、あんまり腹もたたないかも?です。

    いつもがんばっていらっしゃるダラダレさん、応援しています。
  • Kii

    ダラダレ

    2012年11月01日 14時46分

    すごいでしょ、なんて。

    30年くらい前に、「薬膳」を普及させるために漢方薬や調理法を勉強しました。
    ついでに調理師の免許も取りましたよ。

    塩分を極力使わない調理や野菜ジュースなど、「済陽式食事療法」や「ゲルソン療法」を試したいと思っています。これで本当に効果が出れば、中国伝統食餌療法を勉強した事が無駄ではなかったと言う事ですから。中国伝統食餌療法よりも、ある意味「ゲルソン療法」の方が分かりやすくて作りやすいです。
    問題は、あくまで本人が味覚異常で、味が無いと言って食欲が出ない事が心配です。ジュースだけは飲んでいますが、これだけでは何となく少ないように思えてしまいます。

    p-conさんの言われたように、少し本人の様子を見ながらにしたいと思っています。力が入りすぎて、少し疲れてきました。言う事を聞かないで、イライラしていました。

    現在、野菜と果物のジュースを、1日に1リットルくらい飲んでます。
    効果が出れば良いのですがね。
3件中13件目を表示

コメントを書く

同じ体験ワードでつながるPaletteダイアリー
肝機能障害と食事療法」/ まろうめさん(2012年11月13日 更新)