paletteダイアリー

ときどき・・・ドキドキ?

Dsc_0121 Dsc_9036

こんにちは!
ここ、東北はまだ梅雨入りしていないはずだけど、先週からず〜っと雨模様( ´△`)アァ-。

 さて、「放射線技師ときどき患者」の私。その「ときどき患者」がどうも苦手なんなぁ・・・。自分の勤務する病院であることも一因だけど(いや、それが一番大きいかもね)、どうも緊張する。特に診察待っている時。そして、仕事のユニホーム着ている時と、私服で院内を歩いている時では景色がちがうのよね。不思議だぁ〜。
 関節リュウマチの治療は、薬物療法が中心。症状が軽いうちは「免疫調整剤アザルフィジン」。それで改善がみられないと「免疫抑制剤リュウマトレックス」←いつも、恐竜の名前みたいだと思う(笑)。それでもだめなら「生物学的製剤」。これは、分子標的薬らしい。
 私も次々とバージョンアップして、今は「生物学的製剤レミケード」「とリュウマトレックス」の併用。今のところその効果か、痛みは劇的に減少してます。問題は、ずーっと投薬を続けなければならないことと、やがて耐性がついて薬をかえなきゃいけなくなること。骨破壊を未然に防ぎ、あの痛みから開放されるんだからやめる訳にいかない。なんか、脅迫されている感じ(ノд-。)クスン。
 輸液ポンプのついた本格的な点滴・・・、見慣れているはずなのにいざ自分が受けると思うとなんか怖い。これを、押してトイレに行くのがとっても大変って実感しました。

 夫が亡くなった年に初めて実をつけた梅。今年も実りました。

2013年06月16日 11時57分

体験ワード :

コメント一覧

  • ____

    こちみ

    2013年06月17日 16時39分

    まめきちさん こんにちは!

    大学病院に勤務している私の従姉も 金曜日に甲状腺の手術をして
    今日 退院した様ですが 自分が勤めている病院で 患者の側に
    なってる自分に やはり戸惑いを隠せなかった様です。

    お薬が効いて 痛みが減少傾向とのこと 良かったです(*^^)v

    >ずーっと投薬を続けなければならないことと、やがて耐性がついて
    >薬をかえなきゃいけなくなること。

    病気の種類は違いますが 一緒ですね。
    “ 耐性 “ ・・・嫌な言葉ですぅ(>_<)
    終わりのない エンドレスで続く治療・・・。
    いつ薬が効かなくなるか いつ痛みが出てくるのか という不安・・・。
    でも 治療法があるだけでも 有り難いと思わないといけませんね。

    梅・・・みずみずしい きれいな実をつけましたね。。。(*^-^*)
  • Dsc_9005

    まめきち

    2013年06月18日 09時02分

    こちみさん
    コメント、ありがとうございます。
     従姉さんの気持ちよ~くわかります。傍目にはただの患者なのに、どうもスタッフ~が抜けきれない・・・。

     「薬剤耐性・・・投与されるヒトが抵抗性を獲得して効力が低下する。楽剤抵抗性とも言う。」
    ヒトの身体って不思議って言うかすごいな。ある意味、自然本来に戻ろうとするんでしょうね。
     完治は期待できないらしいけど、現状維持あるいは改善できる薬があることに感謝して、気長にリウマチックに過ごしていきます!!
  • 296

    かいぼん

    2013年06月26日 10時09分

    まめきちさん おはようございます。

    リュウマチの治療お疲れ様でした^_^;
    少しずつ良くなっている様で安心しました。
    看護師さんも医者も人間なんですからどんな病気が自分に降りかかるか判りませんよね('_')
    まさか。。。 って。
    色んな事を判って治療をされているのでとても冷静で尊敬します。
    リュウマチが進行しない事を切に祈っています。
  • Dsc_9005

    まめきち

    2013年07月15日 19時19分

    かいぼんさん
     しばらくログインしていなくて、コメントいただいたのに、すみません (*_ _)人。ありがとうございます。
     痛みが劇的になくなったのは、ホントに助かりました!本音を言えば、このまま、寛解してくれたらいいんだけど。まっ、焦らずつきあっていきます!!
4件中14件目を表示

コメントを書く