paletteダイアリー

やっぱりね、大学病院へCome Back

超~~おひさしぶりでございます。まあ、たよりがないことはいいことですよね~~
それでもって、結論から申しますと、たぶん子宮頸がんの再発。。。。。

と思ったよ!!
だからさあ、5~6年前かなあ、子宮頸がんの円錐切除した時よ、その時、大学病院の主治医に「子ども産まないから子宮全部とってください」って言ったのよね。今更さ~、5年以上もたってよ。術後定期検診結果表に「子宮頚部に軽度~中度の異型細胞出てます。。。」って英語で書かれていて、この私が読めねえわけないだろう!!ナースなんだから。

ともかく、結果をみて泡吹いたのが大学病院の術後に私を引き継いだ地域のクリニックのドクター。
「なんか~~、ちょっと精密検査したほうがいいみたいで。。。でも、ここではできないから~~~」

先生、声震えてるよ。
「もともと、どこの大学病院からの紹介だっけ?」
「あ~そうだったよね。教授のA先生だったよね~~」

でも、その話も違う。そもそも、私自身がおりものの変化と体調不良で子宮頸がん検診を自費でクリニックを受診し、1箇所目では異常なし。納得いかなかったから今のクリニックに受診。そこで、高度異型細胞が出た。クリニックに紹介された大規模病院は自宅から遠いので、近場の中規模病院にした。ところが、その中規模病院で検査すべて終了してから「あれ~~。手術希望だったけ~~。うちねえ。今、お産で大変なの。円錐切除術って、結構難しいのよ。特に術後管理が。だから、やってないのよ。ごめんねえ。最初に言えばよかったよねえ~」と言われて、振り出しに戻り、今のクリニックの先生に諸事情を話し、診断ついてから何ヶ月も時間がかかって、やっと手術できる近場の大学病院を探したわけさ。で、大学病院で手術して、その後、1ヶ月後に大出血してバケツ1杯の血をひっくり返した状態になり、バイト先の家具類を全部汚し、夜間救急外来受診となった。2年ぐらいして、異型細胞が確認できないため、もとのクリニックにもどったという流れ。しかしねえ。パレットに出会っていてよかった。やっぱ、乳がん10年後に再発、、、、なんていう人もいたから、たぶんガン家系のryuucyoは、次は再発か、おっぱいか、大腸か、、、と思っていたけど、再発だったあ~~~(まだ、確定ではないですが。。。ともかく大学病院戻りです)

昨年4月に転職したのよね私~~。ちなみに教授のA先生は水曜日のみ外来で。超混み。10時予約でも16時になることもしばしば。外来受診に1日がかりだよ。

前回は、職場にばれずになんとかやりくりしたけど、病気を発症した人は半ば解雇になった。今の職場はさらにブラック。
がん離職になりたくない!!

今から作戦ねっておこう。
で、みなさ~~ん!!お知恵をかしてくださいね~~。
産業医なんて形上ですから。役に立ちません!!でも、味方につけといた方がいいけど。そもそも産業医なんてもんは、会社が利益を産む人、産まない人を選別する人。。。怒ったらゴメン。でも、社員の味方の産業医なんて一度も出会ったことがない。ほんと、私って不運。

今の悩みは、がんになったことより、いろいろな情報を捏造されて解雇されることだよ。そして、定年退職後の人を再雇用で雇ったほうが安いし、契約が更新されないと働けないから、再雇用の人たちは元気なら働くでしょ。だから私みたいな現役で普通の給料をもらっている人は邪魔の邪魔。

なんとか職場にばれずに受診できないかなあ。そして、静かに治療ができるといいけど。診断書出すと、話が広がるし。。。みんな口にチャックできないでしょ

ほんとうにもう、がん家系って言ってるんだから、しっかりしてよ。ドクターたち!!

2017年02月14日 18時44分

体験ワード : 円錐切除術  子宮頸がん術後6年目  大学病院にもどる 

コメント一覧

  • Cat010

    arata

    2017年02月17日 10時06分

    ryuchoさん、おひさしぶりです!
    再発したかも、ですか。まだわかりませんが、もしも、
    再発していたとして。転移の先輩としていわせてください(笑)。

    なんとなく予感はしてたとしても、自分では覚悟してたつもりでも、
    やはり、医者の確定診断がつくとショックです。
    でも、がんと一緒に生きていくということを素直に受け入れられる
    日は、必ず来ます。だって、生きていくってそういうことですもん。
    それまでは自分の不安や恐怖を押し殺さず、逃げたり悩んだり、
    かっこ悪いことやカッコいいこともいっぱいして、
    時の流れとともに、心の振れ幅を少しずつ修正していくような
    そんな日々を送ってください。後で笑えますから(^^♪

    仕事は、信頼関係があれば、正直に言うのが一番なんですけど、
    転職してまだ時間がたっていない今は、難しいかも…ですね。
    ナースさんだから、うまくシフトを調整できるといいのですが。
    私も最大に後悔したのが、転移進行癌とわかった時に、
    新しい就職先を辞退したこと。結局あれから7年目だけど、
    事も続けてますし。職場に隠すストレスと、
    収入の減るストレス、どちらが大きいかを天秤にかけて
    告白のタイミングを考えてください。

    もし東京方面にお住まいなら
    桜井なおみさんの会社『キャンサー・ソリューションズ』
    http://www.cansol.jp/message.html
    に相談されるのもいいかも。ここはがん患者に仕事紹介をしています。私もメールしましたが、医療従事者やサービス業の仕事がほとんどで、私のような書く仕事はありませんでした。でも、
    公演会のトーク原稿や進行プログラムを作る事務方を手伝いませんか、とわざわざ仕事を考えてくれました。結局、もう一度上京するという
    のも難しいので、今のような自営の形に落ち着きましたが。

    方法はいろいろあるし、ゆっくり考えていきましょう。
    まずは体のことから、ですよね。よい治療法を選択する方法は、
    お医者さんやナースさんとの信頼関係を作ることかなと思います。
    夫さんとも相談しながら、元気だしていきましょう!
    私も応援しています!
1件中11件目を表示

コメントを書く

同じ体験ワードでつながるPaletteダイアリー
いよいよ明日、出陣!!」/ イエローさん(2010年09月15日 更新)