paletteダイアリー

円錐切除術 術後後遺症

子宮頸がんの円錐切除術をして早、3年6か月が過ぎた。ホルモン異常を避けるため(急激な更年期障害)、子宮を残したが、突然、多量の出血が始まり衣服を汚す、不正出血、だらだら出る出血、足のひどい浮腫み、異型細胞が出たり引っ込んだり、、、
いつのまにか、産婦人科外来から癌クリニック外来に移動され、フォローアップ検診3か月ごと。。。

「温存」というけれども、その代償もあることは、大学病院でも全くなかったです。
発生割合は、少ないのだろうけど、知る権利はあるよね。

で、大学病院では、定期受診でも半日~1日かかるので、仕事をしているアチキには、ちとつらいものがあり、、、職場は、、、いやいや、この病気になったことは、家族以外誰も知らないので、、、平日に有給を取るのは、今の日本では勇気が居る。。

で、子宮頸がんを見つけたかかりつけのクリニックで、フォローアップを受けることになった。予約外来のみなので、10分待ち。早い場合だと、仕事の前にぶらりとよって、その後、仕事に直行できる。。。で、本日、言ったら、超混んでいて~~~。
4月1日~、診療代が値上がりすること、駆け込み住民健診で、超混雑。。。受付嬢も先生も大変そうでした。しかも、検診なのに、ドクター横取り!!

なさ~ん。大迷惑なので、3月に駆け込み受診はやめましょう。

本題です。本日は、子宮頸がん検査、子宮体がん検査、頚膣エコーで、しめて4260円。読影料がとられていないので、次回の検査結果の時にとられますね。クリニックといえども、大学病院なみにかかりますね。まあ、仕方ないか。

それで、子宮体がん検査がものすごく痛いのですが、、、、、今日も、騒いだ~。涙が出た~。当たり前だと思っていたら、なんと、「子宮口が非常に狭くなってますね。検査するの、大変でした。」とドクターにいわれ、
え~~~~!!!知らなかった~。それじゃ、今までの、血がだらだら出るとか、一気にガボ!!!と出て、フローリングがマンガみたく血みどろになるのは、そういうことだったんだと、一気に納得。

なので、足がむくんだりするのも、いわゆるうっ血だったんですよね。まあ、この先、もう少し、進行したら、手術で、子宮口を拡げる手術しないといけないそうで。。。。手術しても、年単位で器具を入れておかないといけないのと、結構、痛みがあるそうなので。。。やっぱり。手術すると癒着って避けられないんですね。

セカンドオピニオンって重要なんですね。まあ、今回は、たまたま主治医がかわったんですけど。

2014年03月20日 16時41分

体験ワード : 子宮頸がん  術後後遺症 

コメント一覧

コメントを書く

同じ体験ワードでつながるPaletteダイアリー
2月28日 退院後3回目の診察日」/ ぷぅーさん(2011年03月05日 更新)
確定診断の結果、そしてもうひとつの経過」/ イエローさん(2010年10月03日 更新)
3月も終わり。」/ acco☆さん(2010年04月01日 更新)