paletteダイアリー

【そして…リストラ】人生設計も何もない

そろそろ新しい領域に入っていきたいと思います。

根拠のないスピリチュアルなほうには行かないので、ご安心ください。


いつも真剣に読んでくださりまして、
ありがとうございます。



ここの記事を書くにも実は、
もっと突っ込んでキワドイところまで書きたいですが、
(例えば、「当てにならない余命宣告」とか)

読まれる方のお気分を害さないよう、
極力配慮しているつもりです。


もし不都合ありましたら、
メール送信機能よりコッソリご連絡ください。
ただちに記事を削除します。


だからといって、つまらない真っ当な文章を書くつもりはありません。

それだと伝わらないからです。

なんとか400字~1000字ぐらいには
収まるようにまとめています。(読み手の集中力に関わるので…)




■私の本心を書くなら
「人生設計もクソもない」と書きたいところですが、
言葉が乱暴で汚いのでやめました。


当然、あらゆる病気、災害に遭われた方、事件、事故、戦争に遭われた方にとっても
人生設計など何もなくなるでしょう。



私自身、今までのことすべて含めて
感情的にはとてもここでは書けないような思いはあります。

そして、その思いは今でも変わりません。



しかし、その感情を抑えてはいますが、
そのようにすべきだという意志の通りということです。

”感情”には反していても、
今までしてきた行動は”意志”には反していないどころか
真実そのものなので、これでいいわけです。


私は結果論が嫌いです。

それを「●●が起こったおかげで良かった」などととは思えません。


三途の川の通行料を払えるお金がないのでは
死んでも死にきれません。

(ご参考:2010年03月26日「いかに自尊心を満たしながら死ねるか?」)


この先、いろいろな考え方をご紹介してまいりますが、
どれが正しいとか、どれが一番とかはありません。

どれも自分に合った方法を使えばよいだけです。

無ければ自分で作ってしまえばいいだけです。


上記のお話だけだとよくわからないかと思いますが、
またご参考になれば幸いです。


・・・続く。



【文責】
田中孝憲/ハートストリングス
http://gannaotta.blog70.fc2.com/

★引用する場合は、
「田中孝憲/ハートストリングス」と一言添えてくだされば結構です。

2011年06月26日 14時16分

体験ワード :

コメント一覧

  • ___

    p-con

    2011年06月26日 15時01分

    田中さん こんにちは。
    今日は留守番で猫と仲良くしているところです。

    自分も仕事、特に現場と言われる場所から離れるのはかなり気持ちを抑え込んでいましたよ。
    最後、間接部門でもその現場に近いところで仕事をさせて貰えることになりましたが、治療が始まり、体調が思わしくなく通勤も出来なくなり、結局離職を決意しました。
    此も運だと諦めました。運と言っても何も定まっていない運ではなく、運ばれる方の運ですね。
    自分の人生はこう定まっていたのかなと言う漠然としたものですが。
    某か出来ること、することが有るのではと思った程度です。
    結局まだ病気療養の最中におりますが。
    人生終わったわけでも無し、子供の事、かみさんのこと、親のこと、色々と考えること、見守ることは一杯有りますから。
    自分のことだけでも手一杯な時もありますが、それなりに気を回せる時もあります。

    色々有っての人生かなと、一人楽しんでいます。
    少し安心できたのは、会社の同僚に迷惑を掛けずに済んだこと。
    小さな安心ではありますが、自分を有る程度納得させる材料になります。

    治療が終わり、体がほぼ昔通りに動くのであれば、この世の中の矛盾が一杯見えてきます。
    それを感じることもなく、見えることもなく離れられたのは有り難かったかも知れません。
    ガン患者さん、また元患者さんへの偏見が無くなることが一番ですね
  • Bg_clover_4

    田中孝憲

    2011年06月28日 01時15分

    p-conさん

    こんにちは。
    ありがとうございます。p-conさんなりにご自身で出来事の解釈ができているのかもしれません。そんな経緯が誰でも気軽にお話できる場があればいいですね。
2件中12件目を表示

コメントを書く