『肝臓がん』

星野店主のおすすめ闘病記
-蔵書数1万2千冊の闘病記専門古書店「パラメディカ」店主が選ぶ-

『がん戦記 末期癌になった医師からの「遺言」』

1939年生まれ、大阪大学医学部卒の著者は中核病院の産婦人科部長として激務に追われていた。47歳のときに過労で倒れ、病院を辞職後に開業するが、それまでは分娩や緊急手術の際に血液を浴びることも多かったという。倒れた際の血液検査でC型肝炎ウイルスキャリアと判明していたが、還暦を迎える1999年の年末に肝臓がんが見つかる。手術で患部は切除するが「5年以内に再発する確率は80%」と担当医に告げられ、その再発を予防するための薬が“治験中”で一般患者は服用できないと知り、「がん患者団体支援機構」を立ち上げる。一途に邁進する性格が、今度は「がん難民」をなくす活動に生かされる。この本が出版された2ヶ月後、三浦医師は66歳で亡くなった。

がん戦記―末期癌になった医師からの「遺言」

『がん戦記 末期癌になった医師からの「遺言」』

『俺は死なんぞ! C型肝炎、肝臓癌からの生還』

「ちょいワル」どころか、かなり不良オヤジの闘病記。アクセサリー店を経営する著者は、2004年1月にステージⅢの肝臓がんと診断される。戦後のどさくさや父の認知問題などで正式な誕生日が不明という著者は、入院中も患者の手本にはなりそうもない言動を繰り返すのだが、どことなく愛嬌がある。ふたりの娘たちはネットで肝がん治療の選択肢として生体肝移植があることを知り、こぞって「自分の肝臓の半分を提供したい」とまで言い出し、父親の胸を熱くさせる。患部の摘出手術をした年に再発、2006年には再々発と、入退院を繰り返しながら、著者の医療現場へのボヤキや苦言に磨きがかかる。「あとがき」に書かれた複雑な生い立ちから読みはじめてほしい。

俺は死なんぞ!―C型肝炎、肝臓癌からの生還

『俺は死なんぞ! C型肝炎、肝臓癌からの生還』

1 2 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。