【THE仕事人】土橋 真理子さん 中禰 兼治さん

髪の毛を失うショック、抗がん剤治療を受けた患者さんが異口同音に語る痛みのひとつだ。そこで紹介したいのが、髪の毛帽子専門店WithWigの土橋さん・中禰さん夫婦。抗がん剤の副作用や脱毛症の方のための髪の毛帽子をつくり始めてから、気付けばもうすぐ10年の歳月が経とうとしている。納得のいく商品をつくってきたという自負はある。だが、もっと患者さんに喜んでもらえる商品をと今日も試行錯誤が続く。

‘髪の毛帽子’の誕生―――ないなら、私がつくればいい。

土橋 真理子 さん

8年前、もともとヘアメイク&スタイリストだった土橋さんは、悪性リンパ腫を患った友人からこんな相談を受ける―――「フルウィッグではなく、毛先だけ髪の毛がついた帽子はない? 」。
土橋さんの友人がまさにそうだったように、抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けると外出する気力を失い、引きこもりがちになる。いざ、かつらや帽子を買いに行きたくても、既に髪の毛はない、だから外へは出たくないという悪循環に陥ってしまう。それに、通常のかつら(フルウィッグ)だとどうしても頭が蒸れてしまうし、何といっても高額だ。
土橋さんは友人の求める‘かつら’を探し回った。だが、納得のいくものが見つからない。

「だったら私がつくればいい」

土橋さんは、早速、女子高生が出入りするようなお手頃なかつらや付け毛を扱う店でかつらを購入すると、束ごとにばらして、帽子に縫い付けた。できあがった‘髪の毛帽子’をかぶった友人の、久方ぶりに見た満面の笑みはいまでも忘れられない。これでひと目を気にせず外出できるようになる。
なによりも嬉しかったのは、外出しようという前向きな気持ちや自分への自信を友人が取り戻してくれたことだ。

手作りから始まった、インターネットによる通信販売。

こんなに喜んでもらえるなら、必要としている人たちがもっとほかにもいるのでは、と考えた土橋さんは、インターネット上での販売をスタート。もちろんすべて手作り。本業の傍ら、文字どおり夜なべをして髪の毛帽子をつくる日々が続いた。次第に、病院で土橋さんの髪の毛帽子をかぶっている患者さんや、髪の毛帽子を使用している方がブログに書いた感想などの口コミを通じて、髪の毛帽子WithWigの評判は広がっていった。

職人気質、WithWigならではのこだわり。

商品化するにあたり、クリアすべき課題は山積みだった。
髪の毛帽子を商品として完成できたのは、夫の協力があってこそ。実は、土橋さんの夫、中禰兼治さんはグッドデザイン賞の受賞作品を多数手がける工業デザイナー。中禰さんの経営するプロイドというデザイン会社の中にWithWigはある。松下のコンセントなど見覚えがある方もいらっしゃるだろう。日常の中で中禰さんのデザインを目にすることは少なくない。
WithWigの主力商品である着脱式ヘアーピースは、夫婦のそれぞれの持ち味を生かしてグッドデザイン賞を受賞した、記念すべき作品だ。

土橋 真理子 さん/中禰 兼治 さん

寝る間も惜しんで髪の毛帽子を作る日々が2年半ほど続いた後、手作りではもう限界と判断した土橋さん夫婦は、量産への道を模索し始めた。
だが、なかなか量産を請け負ってくれる業者は見つからなかった。金銭面での折り合いが難しかったこともあるが、それ以上に、夫婦のこだわりに応えるには相当の力量が求められた。ようやく出会えた業者とはいまでもよきパートナーだ。

量産に踏み切る際に、元ヘアメイクの土橋さんが徹底的にこだわったのが髪の毛のライン。カーブのラインをいかに出すか、自然にあごに沿うのが理想だが、これが想像以上に難しい。髪の毛を縫い付ける台布に丸みをもたせ、ゆるいカーブを描いたラインにすることで、帽子に取り付けた時にきれいな髪の毛のラインが可能になった。
手作り期間も含め、到達するまでに3年の年月を費やした。

一方、工業デザイナーである中禰さんが力を入れたのが、帽子に髪の毛を取り付けるピン。限界まで薄く。5ミリを超えた途端に厚みが気になる。分厚いと頭にあたって帽子のサイズも変わってくる。だから5ミリは切る。ほんの数ミリの世界。それでいて、鬢皮を挟んだ状態で確実に留まらなければならない。実は少しストロークがあって、押さえると縮むようになっているため、少々分厚い生地でもパチンとはまる。だからそのストロークは欠かせない。研究を重ねた結果、4.7ミリの薄さを実現した。これがいま使っている樹脂の限界。
だが、いまのところトラブルが発生していない。ということはさらなる薄さが可能なはず。理想は、4ミリ以下の薄さ。工業デザインを手がけてきたプライドが覗く。

ピンの素材は、始めは金物を考えたが、かぶっている最中になにかの衝撃で頭に刺さってしまうようなことがあっては大変だからと即刻諦め、次に取りかかったのが樹脂。硬い樹脂で試してみたが、なかなか思ったものができない。最終的に普通の事務で使うダブルクリップに辿り着いた。それを切って閉じて、帽子の鬢皮、つまり取り付け部分に挟むとパチンと留まる。しかも、外周に沿った状態で鬢皮に差し込まれていき、ちょうど足袋の櫨(はぜ)のようになるため絶対に取れない。引っ張れば引っ張るほど密着する構造だ。 原理的にこれでいける!と心が躍った。かつらを使用するにあたり、ずれたり、取れたりすることはお客様が最も恐れていること。髪の毛をひっぱっても取れない、安心して使えるということは必須条件だ。市販のクリップだとパチンと留める部分は鉄にクローンメッキをかけたものだったが、そのままだとメッキが剥がれて腐食してしまいかねない。バネ性も必要だ。結局、純度の高いSUS304ステンレスに焼きを入れて、バネにした。これも中禰さんのオリジナルだ。

もうひとつの条件が対薬品性。
患者さんはいろいろな薬を使用している可能性があるため、薬品に強い樹脂が望ましい。そうなると必然的に使えるものは限られてくる。そして出会ったのが、ジュラコン。 インジェクション成型できる樹脂で、劣化せず、紫外線にも強い。ピンをよく見るとプロイドのロゴ。幾度も試作を重ね、やっと辿り着いたという証。このピンと台布のかたちで日米両国の特許も取得した。幸い沖縄から北海道までいろんな気候にも対応できているし、洗濯にも耐えうる商品が完成した。
だが、まだまだ改良の余地はある、と土橋さん夫婦は口を揃える。

1 2 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。