「ライフパレット 食ノート」の使い方

1.利用者登録

    アプリケーションを利用するには、利用者登録が必要です。
    ここで登録する情報は、カロリーや栄養素の摂取目標を設定する際に利用します。

2.目標設定


カロリーや栄養素の摂取量やカロリーバランスの目標値を設定しましょう。

目標カロリー
初期値は、厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)に基づいています。設定可能な範囲は、900kcal~3250kcalの間です。
目標塩分
初期値は設けていないので、以下を参考に、ご自身で設定してください。設定可能な範囲は、0g~12gです。
厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版) 男性:9g 女性:7g
世界保健機関(WHO) 健康指針 5g未満
糖尿病性腎症 腎不全期 5~7g
目標食物繊維
初期値は、厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)に基づいています。設定可能な範囲は、8g以上です。
PFCバランス
PFCバランスとは、たんぱく質(P)と脂質(F)炭水化物(C)の割合です。設定可能な範囲は、たんぱく質:1%~35%、脂質:10%~35%、炭水化物:40%~80%です。

3.食事の記録

1)写真を追加する。
写真は、その場で撮影して登録する方法と、スマートフォン本体から選択する方法があります。
食事記録メニューから「写真追加」ボタンを押して、写真を登録してください。

2)食事を追加する
食事記録画面で、食事追加ボタンを押します。
食事の取り方によって、記録方法が異なりますので、以下を参考にして食べたものを登録してみましょう。

家で作ったご飯の場合
「食品を検索する」を押して、食品名で検索する。
「レシピをから検索する」を押して、レシピを検索する。(*レシピから検索した場合、栄養データは算出されません。)
「直接入力する」を押して、入力する。
レストランのメニューの場合
「レストランメニューから記録する」を押して、メニューを検索する。
「近くのレストランを検索する」を押して、今いる場所の近いところのレストランを検索する。アプリでメニューが登録できるお店は赤いピンで表示されます。
買ってきたお弁当やお菓子の場合
「食品を検索する」を押して、食品名で検索する。
「バーコードから読み取る」を押して、食品の包装にあるバーコードを読み取って検索する。
「直接入力する」を押して、入力する。
一度登録したことのある食事の場合
「食事履歴から選択する」を押して、選択する。

3)食べた割合を決定する
カロリーや栄養素は、「1人前」や「可食部100gあたり」など、一定の分量を食べた場合の栄養素が表示されています。それぞれの食品に記載されているメモを参考に、あなたが食べた割合を決定してください。

例1.ご飯 精白米の場合
メモには、以下のように記載されています。
「可食部100gあたり。【ご飯】男茶碗150g 女茶碗100g」
これは、栄養素が100gあたりを示しており、通常男茶碗であれば150g程度、女茶碗であれば100g程度であることを示しています。
あなたが、男茶碗1杯を食べたのであれば、「食べた割合」は、1.5となり、半分くらい食べたのであれば、食べた割合は、0.8となります。
例2.ポカリスエット ペット500mlの場合
メモには、以下のように記載されています。
「栄養成分100mlあたり」(内容量:500ml)
これは、栄養素が100mlあたりを示していて、この食品全体の内容量が500mlであることを示しています。
あなたが、500mlすべてを飲んだのであれば、「食べた割合」は、5.0となります。

4.栄養バランス

栄養バランスでは、「平均カロリー」「PFCバランス」「ランキング」の3つがあり、昨日までの3日間が表示されています。表示する日付は7日間まで自由に設定することができますので、日付選択ボタンを押して設定してください。

平均カロリー
あなたの1日の平均摂取カロリーと塩分、食物繊維量がわかります。 平均摂取カロリーと塩分では、目標より多く摂取している部分が、食物繊維量は不足している部分が赤いバーで表示されます。
PFCバランス
カロリーバランス(炭水化物、たんぱく質、脂質の内訳バランス)を見ることができます。実際に食べたもののカロリーの内訳がどのような構成になっているか、目標と比較してみましょう。
ランキング
直近1カ月でよく登録した食品をランキングで表示します。あなたの好きな物やよく食べているものを客観的に知ることができます。

1
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。