~初めての入院に備えて~持ちものチェックリスト

入院が決まったら、持っていくものの準備があります。

初めての入院では誰もが初心者。「何を持って行ったらいいの?」「こういうとき、肝心なものを忘れちゃう」という方も多いことでしょう。

そんなみなさんのために、先輩患者さんの声から、準備しておくとよいものをまとめました。こちらを参考に、準備しておくものをリストアップしてみることをおすすめします。

とはいっても、病院の売店で購入できるものもありますので、あまりむずかしく考えすぎないほうがいいでしょう。ご家族が必要なものを届けてくださる方もいるでしょうから、リストにして、最初に持っていくものと届けてもらうものに分けてみるのもいいかもしれません。

準備しておくものは、大きく分けると、衣類・身の回りの生活用品などの必需品と、あると便利なお役立ちグッズがあります。

必需品(衣類)

【ねまき】

パジャマ

病院によってはレンタルの場合もありますので、まずは確認をしてみましょう。 手術をする場合、術後に点滴などの管がたくさんつながっていることが多いので、前開きで上下の分かれていない、浴衣やネグリジェ、ワンピースタイプのねまきを一着用意しておくとよいようです。特に、胸や腕まわりの手術をする場合には、術後、腕が上げられないので、かぶって着るタイプのものではなく、前開きのものがよいでしょう。


♪ライフパレット会員の声♪

上下が分かれていると、医療者側からしたらちょっと大変。
手術時、尿道に管を入れたので、パジャマのズボンより、浴衣のほうが看護師さん がお世話しやすい。
パジャマも、かぶるものは腕が上がらないとき、不便で痛い。

【下着】

下着2 下着1

毎日着替えるものですので、数セット必要になります。洗濯を頻繁にするのも大変でしょうから、多めに準備しておくと安心です。
女性の方は、着けたまま診察ができる前開きのブラジャーを用意しておくと便利です。胸帯代わりになるものや、パッドを入れられるものなどを準備すると、退院後まで使えて重宝するようです。


♪ライフパレット会員の声♪

前開きブラは、退院後、放射線治療終了まで使っていました。
術後は手術した部分がちょっとしたことでもチクチクするので、縫い目やタグが外 側にあると重宝します。

【羽織るもの】

肌寒いときやちょっと出歩くときに、ねまきの上に一枚羽織るものがあるとよいようです。普段使っているカーディガンなどを持っていくとよいでしょう。ひざ掛け、肩掛けなど、いろいろな場面で活躍します。

【ソックス】

足元が冷える、という方も多いようです。重ね履きで体温調節もできますので、忘れずに持っていきましょう。

ソックス

【普段着】

外泊許可が出たときや退院のときに着る服はついつい忘れがち。一着用意しておきましょう。

【帽子】

治療によって脱毛する場合は事前に用意しておくと安心です。毛髪の飛び散り防止用のバンダナやルームキャップ、敏感になった頭皮を寝るときに保護するおやすみキャップなどがあるとよいようです。素材やデザインにこだわって、治療生活を楽しんでいるという声も。

帽子 帽子 帽子

♪ライフパレット会員の声♪

今ではこの頭にも慣れ、帽子などアイテムに凝っています。
長い時間使うので、素材にこだわったものがいい。

【スリッパ・ルームシューズ】

病院内を歩くとき用に準備しておきましょう。 

スリッパ

Check  Twitter「つぶやく」ボタン  

《おすすめ!》 脱毛のときの帽子選びのポイントは??

《すでに入院を経験した方へ》 入院中の「モノ」にまつわるエピソード



1 2 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。