脱毛とその対処法について

がん治療には、外科療法(手術)、放射線治療、薬による療法(化学療法、ホルモン療法)などがあります。
どの治療法を行なうかは、がんが発生した部位や進行程度、患者さんの年齢・体力、他の病があるかどうかなどによって変わります。薬による治療では、効き方の異なる薬を組み合わせて使うこともあります。
抗がん剤治療を行う場合には、脱毛など副作用症状が出始めます。
そこで、脱毛にそなえての準備についてご説明します。

Q脱毛はどのくらいの期間続くのでしょう

A多くの場合、抗がん剤を投与して10~20日頃から脱毛が始まり、髪以外の部分(体毛・まゆ毛・まつ毛、陰毛)でも起きます。しかし、治療終了後3~6ヵ月後には再び生えてきます(ご自分の髪を自由にセットするにはさらに時間がかかります)。
脱毛は、髪を洗ったり、とかした際に起こりやすく、枕にも抜けた毛が付きます。脱毛の範囲は、全体的であったり部分的なこともあります。
ただし、抗がん剤治療や放射線治療の副作用は必ず現れるわけではありません。発現時期や程度は、薬の種類や患者さんの状態などによってさまざまです。強く出る場合やまったく出ない場合と個人差があります。

Q脱毛が始まる日のために心の準備をしましょう

A 脱毛が始まるのは、抗がん剤を投与して10~20日後というケースが多いようです。はじめのうちは寝起きの枕の上、ブラッシングした際などに大量の髪が抜けます。脱毛は病気の進行ではなく、薬が病気を攻めている証拠であることを理解しておきましょう。

Q脱毛後の生活のために、必要になるものは何でしょう

A 帽子  精神的なショックを和らげることと、転倒した場合など頭を守るため、帽子、ナイトキャップ、スカーフなどをご準備することをおすすめします。また、脱毛が始まる前に髪を切ることは少し決断が必要かも知れませんが、あらかじめ短くしておくとシャンプーや掃除の際に抜け毛が気にならなくなります。

ナイトキャップ 実際に脱毛が始まったら、就寝時にはキャップを着用すると抜け毛の飛散防止に便利です。 また、まつ毛が脱毛すると光がまぶしく感じられますので、サングラスの準備を。鼻毛が脱毛すると鼻が乾きますので、マスクの準備も大切です。

髪付き内帽子 バンダナ 外出する際に役立つのが帽子やバンダナ、スカーフ等。毛付きの帽子とニット帽を組み合わせたりさまざまなカラーやデザインのスタイルから選ぶことができます。

ウィッグ 帽子やバンダナに抵抗がある場合は、ウィッグのご使用をおすすめします。こちらも様々なスタイルがありますのでご自身に合わせて選ぶとよいでしょう。使用する間には、脱毛の状況によって頭のサイズが変わりますので注意が必要です。

Q洗髪の際に注意することは、どんなことでしょう

A 洗髪はゴシゴシ洗うのではなくやさしくなでるように行なってください。シャンプーも、なるべく刺激の少ないものをおすすめします。また、やわらかいヘアブラシを用意し、やさしいブラッシングを心がけます。髪を乾かすとき、ドライヤーの温度は低めにすることも忘れないようにしましょう。

Q脱毛時の頭皮ケアで、注意することは何でしょう

A 頭皮は敏感になっていますので、シャンプーするときはこすらずに洗顔する要領でやさしくなでるように洗います。洗髪時のシャワーは、ぬるま湯にしてください。ただし、シャンプーのすすぎ残しがあると頭皮をいためますので、すすぎは十分に。リンスは毛髪に栄養成分を与えるもので、頭皮には必要ありません。どうしても使用したいときは毛先を中心にリンスし、頭皮にはなるべくつかないようにしましょう。

抗がん剤治療及び、抗がん剤治療による脱毛について詳しくはこちらをご覧ください。
【抗がん剤治療とは】
【脱毛について】


1
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。