脱毛について

脱毛とは

脱毛とは、毛組織の栄養障害、あるいはそれに類する何らかの障害が発生し、発毛の機能が一時的に、または永久的に失われることにより生じる現象をいいます。

ここでは、がんの治療の副作用としておこる脱毛についてお話します。できれば脱毛がおこらないほうがよいのですが、脱毛を予防する確実な方法は今のところないといわれています。そこで、なぜ脱毛をきたす放射線治療や抗がん剤治療を行う必要があるかを理解することが大切です。

脱毛はがんによる症状の悪化でも、新たな病気の出現でもなく、単に放射線治療や抗がん剤治療による一時的な副作用なので、症状がよくなり治療が終われば必ず回復します。したがって、脱毛がおこることを前提にどうしたら脱毛量を減少できるかを考えたり、容姿をどのような方法でカバーするかなどの工夫をしていくことが大切です。脱毛予防について新しい観点からの研究も進んでおり、今後の進展が期待されています。

治療方法によって異なる脱毛(1)

放射線治療による脱毛

放射線を頭に照射した場合には頭の毛は抜けますが、頭以外の毛は抜けません。このように放射線による脱毛は、照射した部位だけ脱毛がおきます。放射線は、がん細胞にダメージを与えると同時に正常な皮膚の細胞に対しても、影響を及ぼします。照射を受けた部位の皮膚が皮膚炎をおこし、その程度がひどいと毛根まで影響が及び、通常治療開始2~3週間より脱毛がはじまります。

しかし、放射線治療が終了し、皮膚の炎症がおさまってくると、もともと持っている人間の細胞の増殖によって、正常な皮膚が復活し、毛根も発毛の準備が整います。個人差と毛根の障害の程度にもよりますが、治療終了後、2~3ヶ月で毛が生えはじめます。

抗がん剤治療による脱毛

抗がん剤による脱毛がなぜおきるのかは判明していませんが、抗がん剤により毛根が障害を受ける結果おこると考えられます。抗がん剤治療は全身の治療です。そのため、体毛全体に影響を及ぼします。

しかし、毛根が完全に障害されてなくなることはないため、抗がん剤による脱毛は一時的なものです。通常1~3週間で抜けはじめます。治療が終わると1~2ヶ月で再生がはじまり、3~6ヶ月でほとんど回復しますが、個人差、治療の組み合わせにより異なります。

また、脱毛は薬の種類によってその影響が異なります。脱毛をおこしやすい抗がん剤として主にアドリアマイシン、エトポシド、ファルモルビシン、イフォスファミド、サイクロホスファマイド、ビンクリスチン、ブレオマイシン、メソトレキセート、ビンデシン、シスプラチン、パクリタキセルなどがあります。

脱毛した時の手入れ法

個人差はありますが、化学療法開始時から2週目ごろに抜けはじめ、その後抜けはじめると1~2週間くらいでかなりの量が抜けてしまいます。脱毛は髪を洗ったり、とかしたりした時に多く、朝起きると抜けた毛が枕のまわりについているのが目立ちます。

髪の毛が抜けた場合、短い髪のほうが始末が簡単のように感じますから、思い切って短くしてしまうのもよいかもしれません。衣類や枕のまわりについている髪の毛は、ガムテープなどを使用すると簡単にとることができます。キャップをかぶって寝るとまわりに髪の毛が落ちることもなく、脱毛による不快感を多少軽減できるようです。



【がんの症状・治療の副作用の関連記事】

小倉恒子先生からのメッセージ「抗がん剤は怖くない!」
┗ 抗がん剤をうまく使ってうまくかわす!小倉先生からの、渾身のメッセージ。

【がんの症状・治療の副作用に関連する体験記】

たかが頭痛が脳腫瘍
┗ 発症時の頭痛や、ステロイドによるむくみなど、症状が詳しく綴られた作品。
ピカレン
┗ 抗がん剤による脱毛など、治療生活が素敵なイラスト付きで綴られています。
JOYちゃんの悪性リンパ腫
┗ 症状や副作用など、日々の体調が綴られた、資料性の高い作品。

【がんの症状・治療の副作用について書いてみませんか?】

がんの症状や治療の副作用記事の感想募集
┗ 掲載記事の感想や、みなさまの対処方法などの、投稿ページ。


1 2 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。