貧血の原因と対処法

貧血とは

酸素は生命の維持になくてはならないものです。この酸素を全身にくまなく運搬しているのが血液中の赤血球です。赤血球の主な働きは、赤血球の中のヘモグロビンという赤い色素が肺から酸素を受けとり、体内の組織に酸素を運搬し、組織の機能を維持することです。

貧血とは、赤血球の数が減少したり、または赤血球自体の酸素を運搬する能力(ヘモグロビンがこの能力を担っている)が低下したりすることをいいます。

貧血の原因

抗がん剤による化学療法や放射線療法による副作用

抗がん剤や放射線は、がん細胞に作用するとともに、他の正常な細胞にも影響を及ぼします。特に血液細胞を造っている骨髄の正常な細胞は抗がん剤や放射線の影響を受けやすく、そのため血球を造る能力が低下します。しかし、赤血球の寿命は120日と長いため、すぐには影響を受けません。

貧血の症状は抗がん剤による化学療法や放射線療法開始後、1~2週間後より徐々に出現してきます。

胃切除後のビタミンB12の吸収障害

ビタミンB12は赤血球を造るために必要です。胃切除(この場合、どのくらいとったかによりますが)や、胃をすべてとってしまうと、ビタミンB12が吸収できなくなり貧血となります。ビタミンB12の吸収には胃から分泌される内因子と呼ばれるタンパク質の助けが必要です。胃をすべてとってしまった後でも、ビタミンB12は肝臓に蓄積されているため、すぐには貧血になることはありません。貧血があらわれるのは、胃をとってから3~4年後です。

胃切除後の鉄の吸収障害

全身にくまなく酸素を運搬することが赤血球の働きですが、実際にこの役割を演じているのは、赤血球中に含まれるヘモグロビンです。鉄はヘモグロビンの材料となり、鉄が減少するとヘモグロビンの産生が低下します。鉄剤は胃酸により吸収されやすいかたちにかわり、十二指腸や小腸から吸収されます。したがって、胃切除後は、ビタミンB12の吸収障害と胃酸の減少の相乗効果により鉄の吸収が障害され、2~3年後に貧血を生じることが多くなります。

がんや潰瘍からの出血

胃・十二指腸潰瘍、出血性胃炎、胃がん、大腸がんといった消化管からの慢性出血によって貧血になることがあります。

1 2 3 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。