出血について

出血とは

血液は通常、血管内を流れていますが、何らかの原因により血管から血液が流れ出してしまうことを出血といいます。

人間の血液量は体重の約8%ほどです。血管には動脈と静脈があり、静脈では全体の血液の1/2が出血しても処置がよければ生命は助かりますが、動脈では1/4が出血しても生命が危険にさらされます。

ここでは、がんの治療(化学療法)に伴う出血について説明します。

化学療法による出血について

化学療法の場合、抗がん剤はがん細胞を攻撃すると同時に正常な細胞も攻撃するので、さまざまな症状(副作用)を引きおこします。

血液の成分には、赤血球、白血球、血小板と呼ばれる固形(血球)のものと、血漿(けっしょう)と呼ばれる液体のものがあります。血液中の血小板には、血管の外に出た血液を凝固させる働き(止血作用)があります。

血液は、骨の中にある骨髄と呼ばれるところで造られていますが、この血液のもとを造る骨髄が抗がん剤によって影響を受けると、血液を造る機能が低下(骨髄抑制)します。そうなると、血小板が造られず、通常20~25万/μlある血小板が減少してしまい、出血がおきやすくなります。一般に正常値を下回ると出血しやすくなりますが、3万/μl未満になると、皮下出血(皮下に点状の出血斑、さらに進行するとあざ状の出血斑)など目に見える出血をおこしやすくなります。

一般に、抗がん剤の治療は1~2回ではなく、何度も繰り返して行われるため、骨髄の回復する能力が衰え、場合によっては激しい骨髄抑制をきたすことになります。

また、まれに抗がん剤による肝機能障害で、肝臓で造られている凝固にかかわる因子(凝固因子)が造られなくなり出血しやすくなることがあります。

日常生活においても、身体をほんの少しぶつけたり皮膚を強くこすると皮下出血したり、鼻を強くかむと鼻から出血したり、歯ブラシで強く歯肉をこすると歯肉から出血したり、かたい便をすると肛門から出血したりします。

その他、血小板がさらに減少した場合には、脳や消化管に出血することもあります。特に化学療法の後では口腔や消化管にただれがおこり、口腔から出血し唾液などに血液が混入したり、消化管から出血すると黒い便やタール状の便や血便になることもありますので、出血傾向がみられたら受診することが大切です。

1 2 3 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。