痛み止め使用時の便秘について

便秘とは、排泄(はいせつ)物が長時間腸内にとどまり、水分が吸収されて排便に困難を伴う状態です。数日間以上排便がないもの、排便後の残便感が残るもの、さらにこれらにより腹部膨満(ぼうまん)感、腹痛を伴う症状のことをいいます。

食事や食物繊維の摂取減少、運動不足、薬物などが原因となりますが、ここでは「モルヒネなどオピオイド鎮痛薬」の副作用による便秘について説明します。

頻度および程度

便秘は最もよくみられる「モルヒネなどオピオイド鎮痛薬」の副作用のひとつで、開始直後から継続的にみられるものです。便通の管理を怠ると頑固な便秘となり、新たな苦痛となり、水様便(すいようべん)を伴う宿便に進行することもあります。

モルヒネには下痢をとめる作用がありますので、鎮痛効果が続くのと同時に便秘も持続します。「モルヒネなどオピオイド鎮痛薬」の使用中は、下剤(特に大腸刺激性緩下(かんげ)薬)を併用するようにします。

発生機序

「モルヒネなどオピオイド鎮痛薬」による便秘は小腸の運動を抑制し、腸液の分泌を抑制するために、便が硬くなることによって生じます。そして大腸の蠕動(ぜんどう)運動は低下し、肛門括約筋(かつやくきん)の緊張が高まり排便が困難となります。

また、病気の進行により、食事摂取量の不足、発熱、体動の減少、大腸へのがんの浸潤など、便秘となりやすい病態を合併していることが多くみられます。便秘が長時間続くと、悪心(おしん)、食欲不振、腹部膨満感などの消化器症状を呈することがあり、治療も困難になるため予防することが大切です。

1 2 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。