便秘の原因と対処法

便秘とは

便秘とは一般的に、排便が順調に行われない状態のことをいいます。1日1回排便があっても、量が少ない時、便がすっきり出た感じがない時、便がかたくなかなか排便できない時、あるいは数日以上も排便がない時、排便の間隔が不規則な時などがあります。

便秘の種類と原因

便秘には、便がつくられる過程や排便の仕組みに障害があっておこる機能的便秘と、腸そのものの病変によっておこる器質的便秘があります。機能的便秘は急性と慢性に分けられ、慢性は3つに分けられます。

機能的便秘

急性
・便の成分になる食物繊維が少ない食事(肉類など)に偏り過ぎた場合
・体内の水分不足(汗が多い場合、水分摂取量が足りない場合など)のため、便の水分が不足したことによるもの
・環境の変化(旅行など)によるもの
・寝たきりの状態のため、腸の運動の低下によるもの
慢性
・弛緩(しかん)性/腸の運動や筋力の低下によるもの(高齢の方、お産回数が多い女性)
・痙攣(けいれん)性/腸の運動が引きつったようになり、便の通りが悪くなるもの(下剤の乱用、過敏性大腸炎など)
・直腸性/排便の反射が弱くなっている場合(便意を我慢すること、浣腸の乱用など)
薬の副作用でおこる便秘について
痛み止めとして麻薬を使うと腸の動きが抑えられ、ほとんどの方が便秘になります。また、抗がん剤治療(ビンクリスチン、ビンデシン、ビンブラスチン、パクリタキセル、ドセタキセルなど)に伴って便秘になることもあります。こういった薬の使用に伴う便秘の場合、毎日下剤を飲んだり、量を調節しながら排便のコントロ-ルをしていくことが必要になってきます。

器質的便秘

  • ・腸の腫瘍や炎症、閉塞などにより腸の通りが悪くなるためにおこるもの

  • ・腸の長さや大きさの異常によっておこるもの(先天的大腸過長症が認められる人など)

便の量は普通、1日1回、バナナ2本分ぐらいの便が出るのが、理想的な状態であるといわれています。理想的な排便に近い状態にするようコントロ-ルするために、どのように排便を整えていけばよいのか以下に方法を述べます。

排便を促す方法(1)

  • ・食物繊維の多い野菜(例えば、たけのこ、ごぼう、海藻類、きのこ類、こんにゃくなど)や果物を食べる。

  • ・毎日、朝食後に便意があってもなくてもトイレに行って、規則的な排便の習慣をつくる。

  • ・便意があったら我慢をしない。

  • ・身体を動かすと、腸の動きがよくなるので、1日に10~15分ぐらいの適度な運動をする。

  • ・水分が足りないと、便がかたくなって便秘になるので、1日にコップ7~8杯ほどの水分をとる。

  • ・空腹時(起床時など)に、冷水あるいは牛乳を飲む。

  • ・腹部のマッサ-ジをする(大腸は右側から左側に走行しているので、「の」の字を書くように右回りにマッサ-ジをすると、動きがよくなる)。

  • ・温めると腸の動きがよくなるので、腹部を温める(入浴もよい)。

  • ・下剤を飲んだり、坐薬や浣腸によって排便を促す。
1 2 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。