吐き気・嘔吐(おうと)について

嘔気(吐き気)・嘔吐とは

嘔気は胃の中にあるものを吐き出したいという切迫した不快感を指し、嘔吐とは胃の中の内容物が食道・口から逆流して勢いよく外に吐き出される状態をいいます。通常、食事をとると消化管(食道・胃・腸など)で食物をやわらかくし、消化液(唾液・胃液・膵液・胆汁または十二指腸液など)と混ざりあいます。その飲食物中に含まれている栄養素を、小腸の壁から血液またはリンパ管を通り吸収できるように分解します。分解された栄養素は、体内に吸収され、私たちの身体を維持し、生活を営むためのエネルギーとなります(これを消化・吸収といいます)。

嘔気・嘔吐は何らかの原因により、延髄(えんずい)にある嘔吐中枢が刺激されておこります(この刺激が軽度であれば嘔気、さらに進めば嘔吐となります)。ここに刺激が加わると胃の出口が閉ざされ、反対に胃の入口が緩み、胃に逆流運動がおこります。それとともに横隔膜や腹筋が収縮して胃を圧迫し、胃の内容物が排出される仕組みです。

嘔気・嘔吐の原因

原因はいろいろありますが、がんに関係したもので代表的なものには以下のものがあります。

化学療法による副作用

中枢神経には、嘔吐を誘発する物質に反応して嘔吐中枢を刺激する部分があります。これは、血液中の化学物質の影響を受けやすく、抗がん剤治療による嘔吐は、主にこのルートによりおこりやすいと考えられています。また、ある種の抗がん剤は末梢の神経を介し嘔吐中枢を刺激します。

化学療法による嘔気・嘔吐には症状のあらわれ方によって、大きく以下の3つに分かれています。

急性悪心・嘔吐
化学療法開始後より24時間以内に出現するものです。
持続性あるいは遅延性嘔吐
薬物投与後24~48時間よりはじまり、持続するものです。
予測(心因性)嘔吐
以前の嘔吐した体験から脳の中にある大脳皮質を刺激することによっておこるといわれ、主に精神的要因により出現するものです。それぞれ各種制吐剤、向精神薬の適切な使用により症状の軽減がはかられます。

放射線療法による副作用

放射線によって体内の細胞が変化をおこし、壊された細胞の成分が血液または神経を介し、嘔吐中枢を刺激しおこります。

消化管通過障害

がんの再発・転移による消化管の圧迫・狭窄(きょうさく)、手術後の腸管癒着などの原因でおこります。腹痛、腹部の張り、排便・排ガスがないなどの症状を伴い、食事中・食後に苦しくなり吐くと楽になることもあります。

脳圧の上昇

脳腫瘍・脳出血・髄膜炎・脳への放射線照射などにより嘔吐中枢を刺激しておこります。多くの場合、頭痛を伴います。

精神的・心理的な刺激

緊張・不安、不快なにおい・音・味覚などが原因となり、これらの刺激が大脳皮質を介して嘔吐中枢を刺激しおこります。個人差が強く、条件反射化されやすい、また、前記すべての嘔吐を増強させる因子(もと)になりやすいといわれています。

1 2 3 次のページへ
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。