味覚の変化・異常の原因と対処法

症状と原因

味覚の変化には、塩味や醤油味が苦く感じたり、金属味がする、甘味に過敏になって何を食べても甘く感じる、全く味を感じない場合などがあります。食事に「味がない」、「薄すぎる」、「砂をかんでいるようだ」などといわれることがあります。

原因として、味を感じる味蕾(みらい)細胞の減少や感受性の低下、栄養不足(特に亜鉛)による感覚の変化、口の中が不潔になっていることなどが考えられます。化学療法で使用する薬剤の一部、放射線療法(特に頭頸部)、その他の薬剤の副作用で生じます。

対処方法

食事の工夫

塩味、醤油味などが苦く感じたり、金属味がする場合
・塩味を控えめにしましょう。
・みそ味は苦く感じない人もいます。いろいろな調味料を試してみましょう。
・だしを利かせたり、胡麻(ごま)や柚子(ゆず)などの香り、酢を利用してみましょう。
甘味が過敏になり、何でも甘く感じる場合
・砂糖やみりんを料理には使用しないようにしましょう。
・塩・醤油・みそ味など濃いめの味付けにしてみましょう。
・汁物(みそ汁、すまし汁、スープ)は食べられることが多いので、
 毎食とるとよいでしょう。
・酢の物、柚子やレモンなどの酸味を利用してみましょう。
味を感じない場合
・味は濃いめにし、甘味・酸味・塩味などいろいろ試してみましょう。
・酢の物、汁物、果物など利用しましょう。
・食事の温度は人肌程度がよいでしょう。

口の中を清潔にしましょう。

  • 毎食後にブラッシング、うがいをしましょう。
  • 舌苔をスポンジブラシや軟らかい歯ブラシで落としましょう(舌苔が付いていると味を感じにくくなります)。
  • こまめに水分を口に含んで、口の中を乾燥させないようにしましょう。


【がんの症状・治療の副作用の関連記事】

小倉恒子先生からのメッセージ「抗がん剤は怖くない!」
┗ 抗がん剤をうまく使ってうまくかわす!小倉先生からの、渾身のメッセージ。

【がんの症状・治療の副作用に関連する体験記】

たかが頭痛が脳腫瘍
┗ 発症時の頭痛や、ステロイドによるむくみなど、症状が詳しく綴られた作品。
ピカレン
┗ 抗がん剤による脱毛など、治療生活が素敵なイラスト付きで綴られています。
JOYちゃんの悪性リンパ腫
┗ 症状や副作用など、日々の体調が綴られた、資料性の高い作品。

【がんの症状・治療の副作用について書いてみませんか?】

がんの症状や治療の副作用記事の感想募集
┗ 掲載記事の感想や、みなさまの対処方法などの、投稿ページ。


1
Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。