子どもへのがん告知

小児がんは、15歳以下の子どもの病気です。
小児がんの治癒率が低かった1980年代以前は、子どもに病名を伝えるか、伝えるか否かが問題になっていました。
しかし、治癒率が向上した現在、伝えるか否かはすでに問題ではなく、「いつ、誰が、どのように、何を伝えるか」が課題となっています。
子どもへのがん告知について、ご自身も小児がんを経験されている小俣智子さんに聞いてみましょう。

Member_bn_1

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。