心のケア

「がんを治す」ことのみを優先してきたがん医療は、近年、患者さんの‘こころ’に注目するようになっています。 がんと告知され、うつになる患者さんが少なくないことも知られるようになってきました。それほど、がんは心に大きなショックを及ぼします。

患者さん本人だけでなく、周囲の方々にとっても、大事な人ががんになることは心に不安定さをもたらします。

そこで、注目されているのが、がん患者さんの心のケアを専門とする「精神腫瘍医」の存在です。がん患者さんと心の問題について、二人の精神腫瘍医に語っていただきました。

  • 国立がんセンター東病院臨床開発センター精神腫瘍学開発部 部長  内富 庸介先生
  • 埼玉医科大学 国際医療センター 精神腫瘍科 教授  大西 秀樹先生
Member_bn_1
  

ご意見ご感想をお聞かせください ライフパレットは、みんなでつくっていく、患者コミュニティサイトです。ご意見ご感想をフォームにご入力の上送信ボタンを押してください。